2015年03月23日

富良野岳BC 2015.3.21

こんなにブログアップ開いてしまったのは初めてですが、年度末の仕事も納まったので、そろそろ復活(たぶん・・・)しようかと思います。

正月明けの休日は、羊蹄山や白井岳なんかにバックカントリーにでかけ、たまにキロロに行ったり、鳥の観察に行ったりしていましたよ。

先週はピーカンのもと、三段山に登って滑ってきた。
3月21日もいい天気なので十勝連峰へ、先週駐車地点がいっぱいで行けなかった富良野岳へ行くことにした。
先週の混雑が嘘のように、駐車地点は4台だけで、なんか拍子抜け・・・。

s-furano00.jpg
駐車地点から富良野岳


準備して、道路を少し下り左手の雪山を乗り越えて、三峰山沢を渡り歩き始める。
実は、冬の富良野岳は初めてなので、先行者のトレースを頼りに登り始めた。

s-furano01.jpg
三峰山沢の渡渉地点から富良野岳


トレースは途中で2方向に別れて、歩きやすそうな方へ向かってみると、・1142ピークにたどり着いた。
そこからの十勝連峰のパノラマが素晴らしかった。
そこから伸びているトレースは北尾根に向かっているようだったので、一旦ベベルイ沢まで降りて、ジャイアント尾根に取り付くトレースに合流した。

s-panorama.jpg
.1142からの眺め


s-furano02.jpg
十勝岳方面


s-furano03.jpg
三峰山方面


しばらく樹林帯を進み、時折左手に十勝岳を望みながら高度を上げていく。
薄っすら積もっていた新雪は高度を上げると、風で飛ばされて、カリカリ斜面となってきたので、1550m付近でハイクアップ終了。
そこから、ベベルイ沢に向かってノートラックのバーンを滑ることとした。

s-furano04.jpg
十勝岳をズーム


s-furano05.jpg
森林限界を過ぎたあたりからホコ岩方面


s-furano06.jpg
北尾根を登る単独者(たぶん知り合い)


見た目はノートラックの気持ちよさそうな斜面だが、カリカリのバーンに薄くパウダーがのっていてエッジが効きづらくてスピードが出る。
ベベルイ沢の入り口まで滑り降りて見上げると、少し大きめのターンの跡が見えた。
そこから、沢に吸い込まれるように滑っていくが、雪が溜まっていて、ここが一番気持ちよかった。

s-furano07.jpg
滑る米粒のような私


s-furano08.jpg
滑ってきた斜面を振り返って・・・。


s-furano09.jpg
沢の中を気持ちよく滑る


沢の中は滑りすぎて、少し登り返したり、最後の渡渉でドボン(笑)したり最後にアクシデントがあったけど好天でなかなか楽しめた。

s-furano10.jpg
駐車地点から滑ったラインを眺める


帰りは、白銀荘でお風呂に入って、富良野でご飯を食べて札幌に戻ったのでした。
これからは春山シーズンに突入かな?
posted by ぎょ at 18:12| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする