2015年04月14日

目国内岳 2015.04.12

日曜日は天気が良いので、2年ぶりに目国内岳へ行ってきた。
前の週は、ニセコのリフトの時間券が余っていたので、アンヌプリスキー場へ滑りに行った。
あまり天気が良くなかったので2時間ほど滑って終了、あと3時間ほど余っているのだが、滑りに行くかどうかはわからない。

目国内岳はいい天気の時に行くと決めている。
春山では4回目であるが、いずれも晴天だ。

新見温泉に車を止めさせてもらい、歩きだす。
前回は、新見の沢川は渡らず、沢沿いに新見峠のほうへ登って沢がある程度浅くなってから渡って
前目国内岳をかすめて目国内岳へ登るコースだった。
そのコースは距離は多少長いが、アップダウンが少なくずっと目国内岳を見ながら歩くことができる。

今回は、新見の沢川を渡り・862を目指して樹林帯をハイクアップする。

mekunnnai00.jpg
林道を進む


mekunnnai01.jpg
沢のスノーブリッジは無事


mekunnnai02.jpg
・862の手前で


・862へ登り切ると、目の前に目国内岳のピークとその直下の大斜面が見えるようになり、振り返ると羊蹄山の頭も見えてニセコ連峰が一望できるようになった。

急な斜面を頑張って登ったご褒美のような景色で、これはこれで良いイベントだと思う。

mekunnnai03.jpg
ピークと大斜面


ピークへ向けて黙々と登り続けると、ピークまで150mくらい手前の稜線にでる。
そこからは、岩内岳や日本海が見えるようになる。
2時間半くらいでピークに立った。

ニセコ連峰は相変わらず素晴らしい眺めだった。
山頂標識のお参りを済ませてから、天気が良いので風の当たらない岩陰で休憩した。

mekunnnai04.jpg
ニセコ連峰


mekunnnai05.jpg
岩内岳と日本海


ピークからの滑りは、今までこの時期の目国内岳としては最高のザラメで気持よかった。
帰りの樹林帯は、若干ストップ雪になっていて脚がパンパンになった。

mekunnnai06.jpg
大斜面を滑る


最高の天気に恵まれ、気持ちのいい山行でした。
下山後に雪で冷やしておいたコーラが最高に美味しかった!!



posted by ぎょ at 19:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする