2015年04月30日

暑寒別岳 2015.04.29

春の暑寒別岳はまだ登ったことがないので、暑寒荘までの道路が開通したら行こうと思っていた。
日曜日は強風予定だったので、4月29日の祝日に行くことにした。
前日まで行き先が決まらず、本来なら車泊して早朝から登ろうと思っていたが、当日の早朝に札幌を出ることにした。

暑寒荘前の駐車場には7時半過ぎに到着して、準備をして8時にスタートした。
今回は、去年のトムラウシへも一緒に登ったUSK君と3名での山行だ。

syokan01.jpg
暑寒荘


多くの登山者(といってもほとんどスキーやボーダー)が登っていくので、そのトレースにしたがって登っていく。
天気は快晴で、樹林帯は風が無く直ぐに汗だくになる。
樹林帯を抜け、尾根に上がると少し風が出てきて快適になってきた。
右手に西暑寒岳を見ながら尾根を快適にすすむと夏道上にある滝見台の標識がみえた。

syokan02.jpg
尾根を進む


syokan03.jpg
滝見台


・1225ピークをすぎたあたりから急に風がかなり強くなってきた。
正面に箸別コースとの合流するピークが大きく見え、先行者は左にトラバース気味に登ってハイマツ帯をかわして登っている。

syokan04.jpg
分岐手前の急斜面


しばらく、急登と強風に耐えながらピークのハイマツ帯の影に入ると、風が収まったので、一息いれて、ピークへ向かう。
すぐにピークが見えていて先行者が休憩しているのがわかった。
ほぼ平らと思えるような緩やかな登りを終えると、暑寒別岳のピークに到着した。
登り始めてちょうど4時間だった。
ピークの標識側(西側)は強烈な風で立っているのも厳しい感じだったので、標識や周りの山々を撮影して
東側へ移動すると風が弱くなったので、そこで昼ごはんを食べて休憩した。

syokan05.jpg
暑寒岳山頂標識


syokan06.jpg
左に浜益岳、右に雄冬山


syokan07.jpg
右に群別岳、左に奥徳富岳


syokan08.jpg
南暑寒岳と雪に覆われた雨竜沼湿原


少し霞んでいたが、素晴らしい景色を堪能することが出来た。
滑る準備をして下山し始める。
この山は尾根歩きが多いので、登る時間の割には滑れる斜面はあまり多くない。
分岐のピークから・1225へ向けての大斜面が滑りを楽しめる所だ。
この斜面は、思ったよりストップ雪ではなくてなかなか快適に滑ることが出来た。

syokan09.jpg
USK君


syokan10.jpg
西尾根をバックに滑る


しかし、それ以降はストップ雪で、脚がパンパンになってしまった。
ストップ雪はエッジを効かせているとそれほど抵抗がないので、数多くターンしながら滑るといいのが、そうなると体力の消耗も激しい。
下山するに従って、風もなくなり暑くなり、下りで汗だくになってしまった。

無事に下山を済ませて、今シーズンの滑り納めとすることにした。
いつものシーズンのように、あまり滑れなかったけど、無事に怪我もなく一シーズン楽しむことが出来ました。
これからは、夏山シーズン突入です!!


posted by ぎょ at 18:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする