2015年05月25日

旭岳 2015.05.24

週末はニセイカウシュッペ山方面へ登る予定で、土曜日に登山口までの林道調査してきた。
途中倒木が何ヶ所かあり、登山口から1kmくらいの所で雪で通行できなくなった。
車を置く場所を考えると、かなり後退しなければならず、林道歩きも長くなるので予定変更。
帰りに、林道から見える表大雪が綺麗だった。

asahidake01.jpg
北鎮岳方面


翌日は大雪山の旭岳へ向かい、頂上を経由してお鉢平の方まで行ってみるつもりだった。
ロープウェイの姿見駅へは、7時過ぎに到着したが、始発は9時なので、周辺を散歩してみた。
山麓駅の周りの勇駒別湿原は雪が溶けたばかりで、エゾノリュウキンカの大群落が見れた。

asahidake02.jpg
エゾノリュウキンカとミズバショウ



山麓駅掲示板によると、姿見駅は気温3度、風速12m、濃霧で視界なしとの事だったので、ガスが晴れても風が強くなる予報だったので厳しいかなと思ったけれども、とりあえず出発することにした。
ガスで視界のない中、前日までの踏跡を頼りに登り始めたが、15分もするとだいぶ視界が利くようになってきたので、もう道迷いの心配はない。

登山道はほとんど夏道状態で、時々大きな雪の斜面もあったが、アイゼン無しで大丈夫だった。
高度を上げると、風はいっそう強くなり標高2000mくらいで、登ってる意味がわからなくなるような強風になり途中で下山することにした。
その場所からトムラウシ方面をみると、ゼブラの斜面をトラバースしてくるパーティがいた。
2泊で縦走を楽しんできたようだ、頂上の情報を聞くと、更に風は強いしガスがひどく視界がないようなので、改めて下山することに決めた。

asahidake03.jpg
下山地点、金庫岩が見える


asahidake05.jpg
トムラウシ方面のゼブラ


下山時は、雪のある斜面で尻滑りしながら降りると、あっという間に下山してしまった。
なんだか、消化不良の山行でした。

asahidake07.jpg
尻滑り


asahidake08.jpg
ライン 笑


asahidake09.jpg
旭岳の全貌



その後は尻滑りしながらきました。
posted by ぎょ at 18:53| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

樽前山 2015.05.16

週末の土曜日は、樽前山に登ってきた。
最近は目覚めが早く、朝のジョギングの変わりに毎朝、藻岩山に登るようにしてきた。
登るときは可能な限りジョギングしてるのだが、やはり勾配が急になると走れない。
結局、慈恵会コースだと半分走れていないのではないだろうか?
そんなことで、すこし長い距離を走るため(目的は別にありません・・・)まだ5合目ゲートが閉鎖中の樽前山に行くことにした。

ゲート前には、10台くらいの車が止まっていたが、人の姿は殆ど無い。
一応トレランシューズでゆっくりと走り始める、車は通らないのでのんびり走ることができるのも、この時期ならではだ。
7合目のまでの2.6km 標高差で220mだか、このなだらかな登りがちょっとキツくていい感じ(^_^;)
途中、3組ほどパスして7合目に到着したが、結構バテた・・・。
そこから東山までは一部雪があるし、走るには急なので歩いて、5合目から55分で東山到着。
東側はガスに覆われて視界は無く、写真を撮って西山に向けて走り始めた。

tarumae01.jpg
7合目までの道路


tarumae02.jpg
東山山頂


東山からは、ガスがなくなり視界も出てきた、スケールの大きな荒涼とした景色の中を走るのはなかなか新鮮だった。
やがて、ガスも晴れ左手に溶岩ドームを見ながら西山に向けての上り坂に差し掛かったところで歩いてしまったが、なんとか西山へ到着して少し休憩。
支笏湖と雲の向こうに、羊蹄山の頭が見えた。

tarumae03.jpg
溶岩ドーム


tarumae04.jpg
西山


tarumae05.jpg
支笏湖と遠くに羊蹄山の頭


西山から奥の院までは一気に下りになる、10分もかからずに着いた。やはり、走ると早い。
奥の院からは、2度のアップダウンを頑張って東山への分岐に着いた。
そこからは、ひたすら下りになり、7合目手前のベンチで少し休憩した。

5合目までの長ーい下りは脚と腰に負荷がかかる。
あまりハイペースにならないように駆け下りた。

スタートして2時間半で戻ってくることができた。
なかなか楽しいコースだったので又来年この時期に来てみようと思う。

tarumae06.jpg
5合目ゲート


帰りは、丸駒温泉で汗を流して帰ったのでした。
ちなみに、今回の写真はiphoneです。

posted by ぎょ at 19:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

弥彦山(新潟県)2015.05.13

新潟ダブルヘッダーの2座目は弥彦山へ登った。

弥彦山の登山口には万葉集にも歌われた古社の弥彦神社があり、その周りは弥彦温泉があり雰囲気のよい宿やお土産屋さんがある。
登山口は神社の横の万葉の道と言う杉並木の遊歩道を進んだところにある。
この遊歩道の先にはロープウェイ乗り場があって、それで登ることも出来る。

登山口には鳥居があって、そこからすぐのところに茶屋があるのだが、北海道ではお目にかかれない光景だ。
このルートは表参道ルートと呼ばれ、山頂には御神廟があって最も代表的なルートらしい。

           yahiko01.jpg
万葉の道


yahiko02.jpg
登山口


茶屋のおばさんに、頂上までどのくらいですか?と尋ねると、普通は1時間半と言われるけど、あなただったら40〜50分で着くんじゃない?と根拠の無いことを言われた。
手前の案内板には往復3時間半と書かれていたので、それだと帰りの飛行機の時間が間に合わないなと思い聞いてみたが、1時間半かかっても大丈夫そうだ。

茶屋を過ぎてすぐ、見たこと無い綺麗な花が沢山咲いていた。
シャガというアヤメ科の植物のようだ、配色が作り物のようなお花だった。

道はよく整備されていて、木漏れ日があって気持ちいい。
ただ、勾配は結構急で休みなくジグザグに高度を稼いでいくという感じだ。
ヤマツツジやラショウモンカズラという花を見ながら進むと9号目の稜線にでる。
そこからは、日本海を見ることが出来た。
稜線に出て、右へ行くとロープウェイ駅、左へ行くと山頂だった。

yahiko03.jpg
シャガ(著莪)の花


yahiko04.jpg
登山道


yahiko05.jpg
ヤマツツジ


yahiko06.jpg
ラショウモンカズラ(羅生門葛)


yahiko07.jpg
9合目からの日本海


9合目から階段のある道を、10分ほど進むと御神廟が見えてきて、鳥居の手前には係の人がいる建物で御札などが売られていた。
鳥居をくぐると、山頂広場に到着した。登山口から1時間だった。
そこからは、霞んでいたが日本海の海岸線や新潟平野がぼんやりと見えていた。
山頂は、前日の台風の影響か風が強かったので、長居せずすぐに下山することにした。


yahiko08.jpg
御神廟


yahiko09.jpg
弥彦山 山頂標識


yahiko10.jpg
新潟平野


下山後は、せっかくなので神社の本殿にお参りをした。

yahiko11.jpg
本殿


1座目の角田山とは全く雰囲気の違ういい山でなかなか楽しめた。
弥彦温泉で汗をながして、空港へ向かったのでした。
又機会が会ったら違う山を登ってみたい。

posted by ぎょ at 19:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

角田山(新潟県)2015.05.13

新潟出張があり、帰りの飛行機まで時間があったので、新潟市の近郊低山を2座登ってみました。

最初は、宿泊先の新潟駅から車で50分くらいにある角田山(かくだやま)へ登ることにした。
多くの登山者に親しまれているようで、7つのコースがあるが、標高ゼロメートルから登りたかった(純登山と言う人もいる)ので、灯台コースに行ってみることにした。

kakuda00.jpg
コース案内


角田浜の海水浴場にある大きな駐車場に車を止めて、一旦海岸へ降りてみる。
海岸からは、急な階段で灯台へ登れるようになっている。
灯台からは、急な尾根道を風に飛ばされないように進むと、眼下には越後七浦と呼ばれる景勝地や車を止めた駐車場が見えるようになった。
更に登って灯台の方を振り返ると、海の向こうに薄っすらと佐渡島が見えていた。

            kakuda01.jpg
海岸から灯台を眺める


kakuda02.jpg
越後七浦


kakuda03.jpg
駐車場とトイレ


kakuda04.jpg
角田岬灯台と角田浜


           kakuda06.jpg
急登りの尾根道


登山道周辺には、すでにアザミが咲き始めていた、緑も濃くて、匂いもすっかり夏の森の匂いだ。
岩場には初めて見た、イワベンケイを小さくしたようなマンネングザが黄色い花を開き始めていた。
道南でもらしいが、私は始めた見たブルーで小さいお花のホタルカズラやタニウツギが咲いていた。
又、この山は新潟県の草花の雪割草(ミスミソウ)が自生しているようだ。
途中で地元の登山者に花の時期を聞いてみると、3月末から4月中旬頃に咲くらしいので、もう見ることは出来ない。

kakuda05.jpg
アザミ


kakuda07.jpg
マンネングサ


kakuda08.jpg
ホタルカズラ


kakuda09.jpg
タニウツギ


kakuda10.jpg
雪割草自生地の看板


急な尾根を登り切ると、ゆるやかな樹林帯になり頂上が近くなる。
植物保護のため新しい木道が設置されていた。
標高ゼロメートルから登り始めて1時間10分で482mの山頂に到着した。
山頂は平らな広場になっていて、休憩場所や山小屋があって他のコースから登ってくる登山者がいた。
木が茂っていて、新潟平野は見渡すことは出来なかった。
休憩もそこそこに、すぐに下山し始めた。

kakuda11.jpg
山頂間近の木道


kakuda12.jpg
山頂標識


kakuda14.jpg
山頂広場と山小屋


kakuda13.jpg
コース案内板


海の景色が綺麗で、お花も楽しめるいい山でした。
下山後は、車で弥彦山の登山口へ移動したのでした。
posted by ぎょ at 19:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

アポイ岳 2015.05.06

今年は暖かいので、アポイ岳の花も早めに咲いているかと思い行ってきた。

予想通りいろんなお花が咲いていた。
エゾオオサクラソウはほぼ満開。
アポイタチツボスミレ、アポイアズマギク、サマニユキワリも見頃、エゾキスミレやヒダカイワザクラは咲き始め。

apoi01.jpg

apoi02.jpg
サマニユキワリ


馬の背からは少し霞んでいたけど、日高の山並みも見えていました。

apoi03.jpg
日高山脈


apoi04.jpg
襟裳岬方面


apoi05.jpg
山頂


            apoi06.jpg
山頂直下から馬の背方面


apoi07.jpg
エゾキスミレは咲き始め


apoi08.jpg
アポイアズマギクは見頃


            apoi09.jpg
エゾオオサクラソウ


今年もアポイのお花楽しみました。

posted by ぎょ at 17:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

函館山 2015.05.03

函館山は何度か登ったことがあるが、車やロープウェイだったので、今回は歩いて登ってみることにした。
いろんなコースがあるようだが、今回は旧登山道コース〜つつじ山コースを登り、山頂からの下りは千畳敷コース〜旧登山道コースに戻るルートにしてみた。

hakodateyama01.jpg
コース案内図

駐車場はほぼ満車だが、なんとかスペースを見つけて止めることが出来た。
登山口の看板があるところから歩き始めると、コジマエンレイソウやミヤマエンレイソウが咲いていた。
登山道は、車道を3回横断する。最後の車道からは道が広くなり快適な遊歩道となっていた。
北海道では珍しい光景の杉並木を進むと、2合目のカーブに差し掛かる、木の上できれいな鳴き声のオオルリがいた。
高い木の上にいるので、望遠端270mmのレンズでははっきり捉えることが出来なかったが、白いお腹と綺麗な青い羽を見ることが出来てよかった。

hakodateyama02.jpg
3度道路を横断する


hakodateyama03.jpg
コジマエンレイソウ


            hakodateyama04.jpg
杉並木沿いの遊歩道


hakodateyama05.jpg
オオルリ


遊歩道脇には、ヒトリシズカ、スミレやシラネアオイ、ニリンソウなどが咲いていた。

hakodateyama06.jpg
ヒトリシズカ


hakodateyama07.jpg
オオタチツボスミレ


hakodateyama08.jpg
シラネアオイ


3合目を過ぎると、野鳥観察小屋があった。
なにか鳥が見れるのかな?と思って小屋に入ってみるが、大きな声で賑やかに話す団体さんがいて、鳥が見れる雰囲気ではなかった。

5合目の分岐を右に進むとつつじ山コースになる。
そこからは、山頂の建物が見えるようになり、その下は雲海になていた。

hakodateyama09.jpg
山頂建物と雲海


山頂に到着して、函館の街を見てみると、太平洋側から半分が雲海に覆われていた。その雲の中へロープウェイが吸い込まれるように降りていく様子が見えた。

hakodateyama10.jpg
雲海とロープウェイ


hakodateyama11.jpg
函館港と遠くに駒ケ岳


hakodateyama12.jpg
雲の中の五稜郭タワー

山頂展望台で休憩して、千畳敷コースを降りることにする。
砲台跡に立ち寄ってみた、思っていたよりも基礎部分は大きかった。
千畳敷コースは遊歩道というより作業道の用な感じで、旧登山道への分岐に入ると再び森の中となり、いろんな花を眺めながら下山した。

hakodateyama13.jpg
コンロンソウ


hakodateyama14.jpg
オオバナノエンレイソウとニリンソウ


hakodateyama15.jpg
ヒカゲスミレ


下山途中、再び2合目に差し掛かると2羽のオオルリがいて楽しませてもらった。

よく整備された遊歩道は歩きやすく、お花も楽しめて市民の憩いの場所なんだろうなと感じた。
下山後は、湯の川温泉で汗を流して、再び東大沼キャンプ場へ戻ったのでした。

posted by ぎょ at 13:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

2015GW 東大沼キャンプ場

今年のGW前半は道南へ、恒例のストーブキャンプです。
キャンプ場は、東大沼キャンプ場で無料だけど、トイレも水洗だし炊事場もきれいなので人気のキャンプ場のようです。
道路を挟んで向かいの「北川商店&ギャラリー美人妻」のご主人がゴミ回収をボランティアでされてるようです。

サイトは湖畔に面していてロケーションは最高!
ただ、混んでいて駐車場の確保が難しい場合も、椅子を置いて場所取りをするのが流行っているようです・・・。

            s-IMGP0603.jpg
薪ストーブ設置完了です


s-IMGP0612.jpg
晩御飯は卵、鶏肉、ホタテの燻製としいたけ、アスパラ、ソーセージをストーブで焼いたもの。


s-IMGP0609.jpg
ビールに合う!


s-IMGP0620.jpg
夕焼けタイム


s-IMGP0637.jpg
枝と湖面
posted by ぎょ at 17:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする