2016年08月17日

2016年 海外旅行 その10 アイスランド 滝編

念願のパフィンに会った帰りに、有名な滝を見学することにしました。
アイスランドは見応えのある滝が多い中、南部有名な滝は、スコゥガフォスとセーリャラントスフォスがあります。
スコゥガフォスは、幅25m落差60mでその規模はアイスランドの中でも最大級らしいいです。
滝の横には遊歩道があって滝の上に登ることが出来ます。
また、ここを起点に氷河に続くトレッキングルートがあって、そこを歩いてきた人達が道路でヒッチハイクしてました。

s-foss (1).jpg

s-foss (2).jpg

s-foss (3).jpg

s-foss (4).jpg

s-foss (5).jpg

s-foss (6).jpg

s-foss (7).jpg

次の滝は、セーリャラントスフォスで落差60mほどで、滝の裏側に小道があって裏側からの景色を眺めること出来ます。
水しぶきはかかりますが、それほどではなく珍しい景色を楽しむことが出来ました。

s-foss (8).jpg

s-foss (9).jpg

s-foss (10).jpg

s-foss (11).jpg

posted by ぎょ at 18:31| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | France,Iceland2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

2016年 海外旅行 その9 アイスランド パフィン編

今回の旅行の飛行機のチケットはマイルの特典券で去年の12月に札幌⇔パリ間を予約していました。
当初は、フランスからスペインへピレネー山脈を超えるトレッキングを予定していたけれど、2月になってとあるフランス料理のお店で頼んだロゼワインのラベルにペンギンのような鳥のの絵があって、なんだろう?と思い調べてみると、それがパフィンでした。
どこで見れるのか調べてみると、スコットランドや北欧、アイスランドなどでした。
アイスランドはいろんな鳥が見られるというのと、パリから飛行機で行けるというので、今回の行き先に決定しました。

その目的のパフィンは海岸線の崖に巣を作るようで、今回行ったブラックサンド・ビーチの柱状節理の上にはたくさんの巣があって、海と巣の間を頻繁に行き来している様子が見れました。

なんとも愛くるしい表情や飛ぶ姿にすっかり魅せられました(笑)

s-puffin (1).jpg

s-puffin (2).jpg

s-puffin (3).jpg

s-puffin (4).jpg

s-puffin (5).jpg

s-puffin (6).jpg

s-puffin (7).jpg

s-puffin (8).jpg

s-puffin (9).jpg

s-puffin (10).jpg

s-puffin (11).jpg
posted by ぎょ at 17:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | France,Iceland2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

2016年 海外旅行 その8 アイスランド ブラックサンド・ビーチ編

目的地のブラックサンドビーチに着くと、大勢の観光客が来てました。
そこには、名前の通り黒砂の海岸と見事な柱状節理や奇岩の景色を見ることが出来ました。
そして、その岩場の草付き斜面や界面には、たくさんのパフィンを見ることが出来ました。

s-BSB (1).jpg
柱状節理


s-BSB (2).jpg
柱状節理の洞窟


s-BSB (3).jpg
洞窟の中から


s-BSB (5).jpg

s-BSB (6).jpg
レイニスドランガル (岩柱群)


s-BSB (7).jpg

s-BSB (8).jpg

s-BSB (9).jpg
アイスランド最南端、海に突き出た断崖のディルホゥラエイ

posted by ぎょ at 19:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | France,Iceland2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

2016年 海外旅行 その7 アイスランド 氷河編

2日目は南部のディルホゥラエイという岬へいって、パフィンに会いに出かけました。
雨が降りそうなので、途中の有名な滝は後回しにして、目的地へ直行することにしました。
途中、山の方に氷河が見えました、少し近くまで行ってみようと思い、脇道へ入ってしばらく進むと、
氷河の上を歩くツアーの集合場所のような駐車場があって、普通の格好でトレッキングしている人もいたので
少し歩いてみると、氷河の先端まで行くことが出来ました。

その氷河はミールダルスヨークトル氷河の舌氷河(支流)のソゥルヘイマヨークトル氷河と言われるところで
海岸から数キロしか離れていないところで、氷河に触れることが出来るアイスランドならでわの場所でした。

hyouga (1).jpg
今回のレンタカーはオペルのCorsaでコンパクトで運転しやすかったです


hyouga (2).jpg
ソゥルヘイマヨークトル氷河先端部


hyouga (3).jpg

hyouga (4).jpg

hyouga (5).jpg

hyouga (6).jpg

hyouga (7).jpg
氷河トレッキングツアーの人達


posted by ぎょ at 19:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | France,Iceland2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

2016年 海外旅行 その6 アイスランド シンクヴェトリル編

ホエールウォッチングの後は、人気の観光名所のゴールデン・サークルと呼ばれるルート中の一部で首都レイキャビクの北東50kmくらいのところにあるシンクヴェトリル国立公園へ行ってみました。

地球の割れ目「ギャウ」と呼ばれるのを見れるところです。
ギャウとは、ユーラシアプレートと北アメリカプレートに引っ張られることでできた割れ目で、アイスランドのほぼ中央を南北に貫いてとのことです。

実際現地に行ってみて、割れ目があると言ってもどれが割れ目なのかあんまり良くわからない感じです(^_^;)
駐車場からしばらく歩いて散策しましたが、岩場や滝や鳥の集まる川や池があっていいところでした。

s-その6 (1).jpg

s-その6 (2).jpg

s-その6 (3).jpg

s-その6 (4).jpg

s-その6 (5).jpg

s-その6 (6).jpg

s-その6 (7).jpg

s-その6 (8).jpg

s-その6 (9).jpg

s-その6 (10).jpg

s-その6 (11).jpg
posted by ぎょ at 18:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | France,Iceland2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

2016年 海外旅行 その5 アイスランド ホエールウォッチング編

鳥見をして、部屋に戻り朝食を食べて、ホエールウォッチングにでかけました。
天気予報をみながら滞在中の風が弱く天気の良い日を選んでネットであらかじめ予約しておきました。

レイキャビックの街にある港から出る船に乗って、約3時間コース。
見ることが出来たのは、ミンククジラ(Minke Whale)とハナジロカマイルカ(White-beaked dolphin)
女性のスタップが、何時の方向に出ましたとアナウンスしてくれてその方向にカメラを向けていたけれど、
クジラがジャンプする場面や、しっぽを上げるような場面はありませんでした。
すこし、物足りないかんじだけど、多くの海鳥が飛んでいて、朝見たキョクアジサシや今回の旅で一番見たかったパフィンがたくさん飛んでいて、これはこれで楽しかったです。


s-06.jpg
違うツアーの船、これより大きい船でした


s-07.jpg
ミンククジラ


s-08.jpg

s-09.jpg

s-10.jpg
よそのツアー船の様子


s-11.jpg
ハナジロカマイルカ


s-12.jpg
海上を飛ぶパフィン


s-13.jpg
トリミングすると、イカナゴを口いっぱい頬張って飛んでます


s-14.jpg
バイキングの船とホエールウォッチング船


s-15.jpg
海から見たレイキャビックのハットルグリムス教会


参考までに、ツアー会社の当日のレポートがあるので、貼り付けておきます。

WEDNESDAY, 13 JULY 2016
Tour at 10:00
Report from Elding: What a stunning morning, warm and sunny day with perfect sea conditions. It took us only 30 minutes until we found a minke whale. It was travelling slowly in this area and kept the same direction through almost the whole encounter. This allowed us to get an amazing view of it when we travelled side by side with this animal! When we were within 100 meters distance it seemed like it changed directions and it came towards us, we shut down the engines waited. It must have swam under the boat as it surfaced next on the other side only few meters away! After this encounter we saw two pods of white beaked dolphins, one had only 2 individuals and the other 6. The larger group had two small calves that travelled side by side their mothers.
posted by ぎょ at 17:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | France,Iceland2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

2016年 海外旅行 その4 アイスランド編

2016年07月12日 パリを後にして向かったのはアイスランド

アイスランドでは、鳥見、ホエールウォッチング、滝、氷河、温泉などを楽しむ予定です。
フランスとの時差は2時間、到着した時は午後3時(日本との時差は9時間)すぎ、緯度は北緯63〜66度でちょうどオーロラベルトなので、秋から冬にかけてはオーロラを簡単に見ることが出来るらしいです。
今は白夜(正確には23時頃日の入り、日の出は3時頃)なので夜中でも薄っすら明るいのでオーロラは見ることが出来ません。

気温は日中の最高気温が15度程度なので結構寒いです。
空港でレンタカーを借りて、アパートタイプのホテルに向かいました。
ホテルはフロントがなく、暗証番号で入り、自分の名前の書いてある封筒に入ってる鍵を受け取って部屋に入る、セルフチェックインでした。

到着して、すぐ街をぶらぶらしてスーパーで買い物をしましたが、スーパーにはアルコール度数2.5までのライトビールしか売ってません、それ以上の度数のお酒は国営の販売所で買わなくてはならないようです。

翌朝は、地図をみて、岬になっている鳥のいそうな場所へ車を走らせると、グロッタ灯台というのが有りました。
そこには、日本ではほとんど見ることのできない、キョクアジサシのコロニーがあって、海から巣へイカナゴのような魚のをくわえて頻繁に飛び交う姿が見られました。
天気もよく、いきなりの撮影会で大興奮でした。

s-01.jpg
グロッタ灯台

s-02.jpg
餌をくわえて飛ぶキョクアジサシ


s-03.jpg
北極と南極を行き来する、素晴らしい飛行能力です。


s-IMGP9102 (2).jpg

s-04.jpg
餌の取り合い?


s-05.jpg

s-06.jpg

s-07.jpg
巣の上を乱舞する


s-08.jpg
道路に止まったキョクアジサシ
posted by ぎょ at 17:45| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | France,Iceland2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする