2008年10月21日

無花果

イケメン、フードコーディネータTさん(こんなときだけほめる、オレ)から無花果(イチジク)をいただいた。
そもそも、イチジクは北海道では栽培されてないと思うので生で見るのは初めてだ。

イチジク外見

乾燥したものは、よくワインのお供にチーズなんかと一緒に食べることはあっても生を食べれるのはなかなかないと思う。

イチジク断面

きってみるとなかなかグロテスクな断面だ。
でもこれが乾燥されて小さくなるといつも見るドライイチジクなんだなと納得できる。
味のほうは、さっぽりとしていて薄味でなんとも表現しづらいが、後味がいつものドライイチジクの味である。
Tさんごちそう様でした。
posted by ぎょ at 15:54| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道には無花果はないのですか?!
それはびっくり。
こちらでは、住宅街の庭木やそこらの公園にもあるありふれた木で、しっかり実もつきます。それなのにお店で買うと結構高価なのは不思議です。
Posted by cucinarie at 2008年10月21日 21:39
cucinarieさん
少なくとも私の知ってる限り北海道に無花果はないと思います。
東京ではありふれた木なんですね、それもびっくりですが
私なんか無花果は日本にはないと思ってたくらいですから(笑)
Posted by you at 2008年10月22日 09:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック