2009年08月19日

花の百名山、夕張岳(山行23)その1

2009年8月16日
夕張岳(1667.8m)に登った。

札幌から高速を通り約2時間もかかった。
シューウパロダム沿いの国道から林道に入り、細くて崖の上の危ない道を15キロほど進むと登山口があった。

お盆休みということで、すでに20台ほどの車があった。
スペース的にはもう10台くらい止められそうだ。
簡易トイレもあるが、途中のコンビニ等で済ませてきたほうがいいかも。

登山道案内板.jpg

登山口にある案内板、けっこう詳しく書かれていてわかりやすい。
冷水コースと馬ノ背コースの分岐までは車が通れそうな林道が続く。

冷水と馬の背コースの分岐.jpg

今回は、行きも帰りも冷水コースにすることにした
冷水コースの途中にはその名の通りの氷のように冷たい沢水があって、そこで水分補給と顔を洗って(メガネが曇った)急のぼりを進むと馬ノ背コースとの分岐に着く。

分岐から少し行くと石原平というシラネアオイの群生地に着くが当然今は咲いていない。

望岳台.jpg

望岳台という休憩所に着く、目の前の山は滝ノ沢岳というらしい。
振り向くと前岳のとんがった山頂が見える。

前岳.jpg

望岳台で一瞬座って休んでからは、前岳の裾をぐるっと回り込むように進む。
ここら辺から急に色んな花が登場する。
特に目立つのはエゾホソバトリカブトとアザミだ。
鮮やかな紫色があちこちに見える、花の写真はまた今度ということで、どんどん進みます。

前岳湿原の木道.jpg

前岳を過ぎたあたりから勾配が緩やかになって、湿原が現れる。
その名も前岳湿原。
そして目的地の夕張岳が正面に見えるようになる。

ガマ岩.jpg

写真はガマ岩

この山の地形はとっても面白い
とんがった山があったり湿原があったり、でかい岩のかたまりがゴロゴロしていたり、とっても特徴的な山だと思う。

釣鐘岩.jpg

そして、花畑の中を進むと左手に釣鐘岩が現れる

頂上と吹き通し.jpg

釣鐘岩を過ぎるとハイマツ帯になり、頂上と手前の「吹き通し」が見える。
風が強いのか、そこだけハイマツが無い。
だけども、そこには夕張林道 ユウバリリンドウがたくさん咲いているのだ。

そういえば、ここら辺のハイマツ帯の道に何かのフンが落ちていた。
結構フレッシュで、握りこぶしくらいの大きさのが3つか4つくらい。
ナキウサギでもないし、リスでもない、馬のフンぽいけど馬は居ない。

ということは熊なのか〜〜

おっかないから立ち止まらず写真も撮らずそこと急いで通り過ぎたよ。

あとで登ってきた人もそのフンらしきものについては何も言ってなかったけど、みんなわざと黙っているのかな?
それとも、他の動物のものなのか?

誰か教えてくれ〜

神社.jpg

吹き通しを過ぎて、最後の急のぼりを、後から来たカランカランとでかい音の出る鈴をぶら下げたお姉さんに追われながら、息を切らして登ると、神社があった。

こんな山の上に立派な鳥居を立てて、ご苦労様ですと
二礼、ニ拍手、一礼をしておいた。賽銭は無しです(苦笑)

夕張岳頂上.jpg

ようやく、夕張岳の頂上ですよ。
結構つかれたね〜
天気はイマイチで晴れたり曇ったりで、本当は見えるはずの芦別岳も見えないが、今来た道は確認できる。

頂上から今来た道.jpg

手前に、神社がみえて登山道もなんとなく見える。


Wikipediaより
夕張岳は花の百名山のひとつで、夕張岳独自の固有種の他、北海道の山岳にあるほぼ全ての高山植物がみられるとされる。そのため「夕張岳の高山植物群落および蛇紋岩メランジュ帯」として、山ごと国の天然記念物に指定されている。

蛇紋岩メランジュとは、蛇紋岩中に様々な岩石を取り込んだもので、プレートの沈み込み帯で形成された。2007年、日本の地質百選に選定された(「夕張岳と蛇紋岩メランジュ」)。





ということで、天然記念物だったんですね〜。
おもしろい地形と花は是非見ておくべきですね。


【コースタイム】
登山口8:55〜冷水、馬ノ背分岐9:04〜冷水沢9:41〜分岐9:57〜石原平10:15〜望岳台10:24〜湿原入口10:53〜吹き通し11:37〜神社11:52〜頂上11:55 【登り 3時間00分】

頂上12:30〜ひょうたん沼13:07〜望岳台13:40〜分岐14:45〜登山口14:50 【下り 2時間20分】



posted by ぎょ at 12:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。