2010年10月10日

目国内岳のつもりがコックリ湖(山行き35)

10月の3連休、週間予報では3日間とも晴れマーク
紅葉時期にあわせて、ニセコでキャンプ2連泊して、ニセコ連山歩き倒す予定でした。
ところが、木曜日くらいに天気予報がガラッと変わり、日曜は完全に雨・・・orz

ということでキャンプは中止で、土曜日だけ目国内岳に登ろうと思い新見峠に向かった。
パノラマラインと通って紅葉をみようと思ってもガスでまったく見えず、神仙沼の駐車場は満車状態で警備員も出てる。
みなさん紅葉目当てなんですね。

新見峠に着くと、強風、真っ白け

新見峠.jpg

こんな天気でも、登る人がたくさん居るのでビックリ
登っていくうちに雲から抜けて雲海が目当てなのか、それとも景色のない中ピークを目指してひたすら下を向いて歩くのがいいのか良くわからないけど、登山は景色があったほうがいいので、今回は登らず撤退することにしました。

そこで、向かったのが雷電山を登る途中に見えるというコックリ湖、名前がユニークです。
以前、つりの途中に看板見かけて面白いな〜と思っていた。

蘭越から、尻別川にそって日本海にむかってしばらく進むと右手にコックリ湖の看板があってそこから林道を5キロくらい進むと、遊歩道の入り口の駐車場がある。

コックリ湖入り口.jpg

遊歩道は笹がきれいに刈られて、ふみ跡は少ないけど、ふわふわして綺麗な道だ。
志根津川に沿って何度か渡渉しながら、緩やかな登りを歩く。

志根津川.jpg

紅葉ももう少しでピークな感じ。赤い葉っぱが少ない中、ところどころに赤い木があってパチリ!

紅葉.jpg

約、1時間でコックリ湖に到着。

コックリ湖.jpg

正面に中山が見えるがその左の前雷電、雷電山方面はガスの中。

湖畔1.jpg

湖畔周囲の遊歩道もよく整備されていて、一周できる。

湖畔2.jpg

だいたい20分くらいで一周。
コックリ湖の看板のあるところの広場にベンチがあって、そこで昼ごはんを食べてさくっと下山。
今回、すれ違ったのは3組(うち一人釣り人)だけで静かな山(湖)でした。

このまま葉が落ちなければ、来週ぐらいが紅葉のピークかな?

帰りは、真狩温泉によって、中山峠(おもったより渋滞してなかった)を通って札幌に帰りました。
s-コックリ湖標高.jpg

s-コックリ湖トラック.jpg



posted by ぎょ at 09:33| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中山峠・・・渋滞すると思って赤井川から抜けました(^^;

新見峠、最初から真っ白だと登る気無くなりますね・・・
私みたいに登るのが目的ならそれでもいいんだけど(笑)
日曜日の今日は朝から雨・・・
明日は晴れ予報なので紅葉求めて山行きかな!
Posted by NAK at 2010年10月10日 12:10
NAKさん、ども!
先ほどは偶然お会いしてビックリでしたね。
明日は近郊低山で行こうかと思います。
Posted by ぎょ at 2010年10月10日 20:54
コックリ湖・・・・

初めて耳にしましたー。
音感だけだと何だか愉快な感じもしないでもないですが、やはり自分は子供の頃に
決してお遊び半分でやってはいけないと言われていた例の遊びが思い起こされて、
何だか不気味な気分になります(笑)
Posted by myordinarydays at 2010年10月10日 23:01
myorさんおはようございます。
みなさん一度はコックリさんってやってますよね?
この湖はあの占いのコックリ(狐狗狸)さんと同じ由来だそうです。
狐と狸が多くいたからという説があるようです。
狐と狸にはまったく会いませんでしたけどね(笑)
Posted by ぎょ at 2010年10月11日 06:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。