2010年12月26日

リンゴ酵母でパン焼き

47才、独身、クリスマスの夜にパンを焼くの巻き

相方がシードル用にリンゴ酵母を作っていたので、それを少し分けてもらって元種をおこした。
左がリンゴからおこした酵母、右がその酵母と強力粉をつかって作った元種。
なかなかいい感じの酵母だったので元種もとっても元気に仕上がった。

s-R0011954.jpg

朝、ウォーキングをして出勤前に生地を練って、会社から帰ってくるまで放置します。
今回は、オリーブオイルとバジルの葉をみじん切りにして練りこんでみた。

s-R0011955.jpg

ちょっと柔らかめで心配だったけど、帰ってくるまでセントラルのヒーターの上で一次発酵
すごくでかくなりました(笑)

s-R0011956.jpg

8等分にして、小さく丸めて2次発酵のあとに180度オーブンで13分
おいしそうに出来上がり。

s-R0011958.jpg

バジルの香りがいい感じのおいしいパンになりました。
早速今日の山にも持っていったけどさめても美味しかった。


posted by ぎょ at 18:34| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰かの前ふりと似てない???(笑)

ぎょさん・・・・パンも作るの???凄くない!?
私の中で、パンは買うものだけど、こんな素敵なパンを家で作れたら凄く幸せだね♪


だから独身なのか!?(笑)
Posted by 若葉。 at 2010年12月30日 07:24
前ふりやっと、気づいてくれた人がいた(笑)

パンを作るのもいいんだけど、どちらかというと酵母がどんどん
発酵していくほうが楽しい。

なんか変だけど、酵母ちゃんって呼んで可愛がるとよく発酵するんですよ。
若葉さんもこんどやってみて!!
Posted by ぎょ at 2010年12月30日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。