2011年02月28日

ポンキモ2011.02.27BCその9

小喜茂別岳(通称:ポンキモ)に行ってきた。
今回は、おねがいしてソロで行かせてもらいました。

前日の帰宅が0時近くになり、それから次の日どこ行こうかなと酒を飲みながら考えていると
寝るのが遅くなり、翌日は寝坊でした。

家を出たのが9時ちょっと前なので、前日daiさんが行っていたポンキモが良いんじゃないかなと思い。中山峠をこえて、熊見橋に向かった。

熊見橋のそばの駐車スペースがあるのを確認して、黒橋の駐車場所でUたーんと思って
入ると、すでに6台の車が止まっていた。

これはやはり、喜茂別川沿いから入ったほうがいいなと思って、熊見橋手前に駐車。

雪のしんしんと降る中、林道を歩き、適当なところから斜面に取り付きます。

林道.jpg

結局最初の取り付きの斜面が一番急だった気がします。
林を抜けると、うまそうな最初のオープンバーンが現れた。

さらに登って林を抜けると、今度はだだっ広いオープン平地・・・。
飛行場とまではいかないが、大原女(おおはらめ)という三級三角点のようだ。

その先に2つめの、うまそうなオープンバーンが登場。
大事にその脇を通って登ったが、結局そこは滑らなかった。

オープンバーン.jpg

頂上手前で、先行の10名くらいのパーティーとすれ違う。
1時間40分位で「山頂なう」

山頂なう.jpg

下りは斜度のありそうな林間を滑った。
気持よくて少し、降り過ぎた感じなので若干登り返し気味にもとのトレースの方に戻る。
トレックを見るとまるで、三角点ハンターの用になっているが全く興味はない。

三等三角点「大原女」.jpg

大原女からは、よさそうな斜面があったのでそこを降りて登り返してみようと思い。
滑り出したら、斜度は急だし、沢になっているしかなりやばかった・・・上からだとわからない。

早速登り返すが、今度はシールがきかない。
腰ぐらいまで埋まりながら、ツボ足で急斜面を登り切りようやくもとのトレースに戻った。
そのあと、一つ目のオープンバーンを滑るが、重雪と波打ってるので登り返すまでもないなと思い。
林道を戻ったのでした。

GPSトラック
赤が登り、青が迷走の下り

ポンキモGPS.jpg


posted by ぎょ at 12:28| 北海道 | Comment(4) | TrackBack(0) | Ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜 ポンキモ行かれましたか!
林道からのルートもなかなかいいですよね。
昨日の雪のコンディションはどうでしたか?

僕は目当ての山(定天の西方)に朝向かいました
が周辺は思ったよりも雪が少なすぎて
引き返しゲレンデローカルしていました。

喜茂別岳の斜面もこれから雪が落ち着いてきたら
滑るのが楽しみです。ここらへんは携帯の電波が
届く山域なので(自分auですが)ソロでも少しは
安心?ですね。




 
Posted by dai at 2011年02月28日 21:36
ポンキモ 2時間弱か〜行ってみたいな。
コメントしてた方の ブログも見させて頂きましたが
青空で気持ち良さそう。
静かそうだし。
朝里は 国際のゴンドラをひとりスノーシュー背負って乗る勇気がなく
行けないんですけど(笑
ポンキモなら行けそうだ〜!
Posted by すづき at 2011年02月28日 21:57
daiさん、こんばんは〜
マネしてポンキモってきました(笑)
雪は、daiさん書いていたとおりな感じでしたよ。
下にガリッとする層があって、表面の雪を削るとすこし
湿った感じがあったので、かなり溶けたんでしょうね。
それと、なんとなく雪崩たあとのような感じや、うねってる場所も
けっこうありました。

林道コースはなかなかよかったです。
今度は深雪橋から行ってみようかなと思ってます。
Posted by ぎょ at 2011年02月28日 22:12
すづきさん、こんばんは〜

ポンキモはスノーシューでも全然楽しいと思います。
すれ違った人たちの中にはスノーシューの人も何人かいましたよ。

昨日は景色はまるっきりなかったんですが、天気良ければ景色もいいんでしょうね。
きっと羊蹄山みえるんだろうな〜。

ただ、黒橋の所から行くんだったら、国道歩き気をつけてくださいね。
溶けてくると泥ハネとかもしそう・・・。
Posted by ぎょ at 2011年02月28日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。