2011年09月27日

ニセイカウシュッペ山2011.09.24

9月24日、車中泊をした層雲峡駐車場をあとにしてニセイカウシュッペ山の登山口へ向かった。
登山口はたくさんの車が止まっていて多くの登山者が入っていた。

登山口の標高は1130mくらいで、山頂までは5.5kmの尾根歩きだ。
緩やかで単調な尾根を歩いて行くと左手に目指す山頂とそこから流れ出る茅刈別(ちかるべつ)第三支流が見える。
2時間ほど登った所で、右側の視界が開けて雪をかぶった表大雪が見える予定だったけど、残念ながら雲の中だった。
7月に遡った白水川から沸き上がる温泉の水蒸気はハッキリと確認できた。
右手には、尖った小槍が、正面には迫力の大槍が見えるようになる。


01大槍現る.jpg

左手の山頂方向に目をやると、なぜかこちらは晴れている。
最近沢に行くようになってから、あの沢は登れるんだろうか?最後はあのコルに出ればいいのか?などと想像しながら山頂を目指す。

02ニセカウ山頂方面.jpg

大槍の下をトラバースして進んで行くと視界が開け、アンギラスとの再会を果たす。
6月以来であるが、あいかわらずかっこいい!!
こちらから見たほうがギザギザしていてアンギラスっぽい感じがある。

03アンギラス山頂手前から.jpg

アンギラスへの縦走路の分岐を確認すると、平山の方より藪漕ぎはひどくなさそうだった。
今回はちょっと出発が遅かったので、アンギラスへはまたの機会ということで山頂を目指す。
2時間半ほどで山頂に到着。

04山頂看板.jpg

山頂付近では先行者が、バラバラになって休憩していた。
山頂で写真を撮っていると、一人の女性が近づいてきた・・・「楽しそうだね?」と言われ振り向くと
いつもコメントをくれる、すづきさんだ!!

ロングな縦走と一年中山テン泊を趣味(?)としているmojo氏とこの山頂でテン泊をして楽しんだそうだ。
相変わらずの変態っぷりに驚いたが、自分もちょっとやってみたい・・・というか今度やると決めたのだ(笑)

山頂へは早い時間から登山者がやってきたということで、ちょっと離れたアンギラスがハッキリ見える場所に避難していたらしく、我々もそこにおじゃまして、ご飯を食べていろいろ話をした。

05アンギラス.jpg

そうしていると、アンギラス方面から空身で小走りでやってくる男性が1名登場。
たしか平山への林道は通行止めだし、もしかしたら北大雪スキー場から縦走してきたのかな?
それにしても、なんで空身なんだろう??誰もがもしかしたらこんな変態なことするのは・・・ぴよしろうさんじゃないか?と思っていた。
しばらくして、その男性は山頂とまちがえて我々の方へ近づいてきた「山頂はどちらですか?」と聞かれみんなで「あっち」と指さすと男性は消えて行った。

ご飯を食べて、いっぱい話もして満足したので下山の準備をしてすづきさん達よりお先に山頂をあとにする。
先ほどの男性は山頂で他の登山者とお話ししている。

下山を始めるともう一人の空身の人とすれ違う、そしてもう一人・・・真っ赤なシャツがかっこいいtarumae-yamaさんだ!緑岳以来の再会である。

話を聞いたら、やはり先頭の彼はぴよしろうさんだった(^_^)v
そして、平山登山口5.5kmで通行止めだったにもかかわらず林道を歩いてアンギラスから縦走してきたようだ・・・恐るべし体力である。

06まったり.jpg 07tarumaeyama.jpg

コルまで降りると、みんなが集まっていた、ズームしてみるとぴよしろうさんの手には白い缶(麦汁)があった(笑)
すづきさんが「やっぱり、ぴよしろうさんだったよ〜」と教えてくれた(笑)
みんなに手をふって再び下山

08みんな.jpg

その後、ちょっと大槍によって登れるかどうか行ってみることにした。

09目指せ大槍.jpg

山頂から下っていくと大槍の下のトラバース路から踏み跡が左に伸びている。
稜線に沿って登っていくと一旦左にトラーバースしてから最高点へ直登

大槍を登る.jpg

ほとんど、明瞭な踏跡が付いていてなんなく山頂ゲット!!
山頂についた途端あいにくのガス、ちょうどニセカウの山頂が見えない(^_^;)

大槍山頂.jpg

暫く待ったが、あんまり良くならないのですぐに降りて、通常の登山道に戻り、一気に下山した。

今年は本当に山中でいろんな人との出会いがあって楽しい。
次回は、山頂テント泊で登ろうかなと思う。


posted by ぎょ at 10:53| 北海道 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまや、ぴよしろうさんはHYMLですっかり時の人ですね。

まさかぎょさんと丁度2ヶ月後に再会するとは思ってもいませんでした。
大槍もゲットしたのですね。
今度私も登ってみようと思います。

すづきさんにお会いして挨拶が出来なかったのが何とも残念でした。
Posted by tarumae-yama at 2011年09月27日 22:23
>tarumae-yamaさん
いや〜あの仲間の一人がtarumae-yamaさんだったとは驚きです。
足取りも軽やかでかっこ良かったですよ!

大槍は意外とあっさりクリアできました(^^)v
Posted by ぎょ at 2011年09月28日 08:44
去年の11月、カムイヌプリ以来の書き込みです。
今回はお会いできなくて残念です!

「誰もがもしかしたらこんな変態なことするのは・・・ぴよしろうさんじゃないか?と思っていた。」
・・・これ読ませていただき、喜んじゃいましたね。
まさか麦汁を出す前から自分だと見抜かれていようとは・・・(苦笑)

ちょっと遅いコメントでしたが・・・今後もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


Posted by ぴよしろう at 2011年09月29日 21:40
おはようございます(^^)
すごい偶然でしたね〜!
ただのひらめきで2日前に 山泊決めた山で
皆さんにお会い出来るなんて 神のオボシメシだったでしょう!!
しかし あの距離から眺めてて ぎょさん達だと わかったのも
変態ぶりな歩きが ぴよしろうさんだとわかったのも おもしろいことです(笑
ニセカウ山泊の時は ご一報下さい。
私は 平山で・・・山頂から 叫びあいの会話をしましょう!
あ、手旗信号で お話するというのも楽しそうですね。
信号勉強しておきます(笑
またどこかで お会い出来るのを 楽しみにしてます。
行く先々で 景色の良いいいテン場発見したら 教えて下さい〜!

tarumae yamaさんにお会いできなくて 私も残念でした。
以前HPで見た 洞爺湖のトーノシケヌプリ行ってみたいと思ってるんだけどなー。。。
Posted by すづき at 2011年09月30日 06:46
>ぴよしろうさん
時の人からコメントいただき光栄です!!
上から4人で見てて、空身で小走りだったので普通じゃないなと思ってました(笑)

僕らが下山し始めた時はぴよしろうさんは、山頂標識のところで誰かとお話ししてましたね。
もう少しゆっくりしていれば、ご対面出来ましたね、残念です。
でも、写真で顔がわかったので今度山であったら声掛けますね!





Posted by ぎょ at 2011年09月30日 18:43
>すづきさん
いや〜ビックリでした。
だれかこっちに歩いてくるとおもったら声掛けられてビックリです。
しかも上から、アホ面して歩いてる自分を発見されていたとは、お恥ずかしい(笑)

手旗信号は見えないかも(^_^;)
暗くなってからライトの信号でやってみますか〜
でもよくわからないと困るので電話しながらですけどね(笑)

徳舜瞥山とかオロフレ山とか山頂泊しましたか?
スペース的には問題なく張れると思いますがね。

僕もトーノシケヌプリ(初めて聞いた)、面白いと思います。

Posted by ぎょ at 2011年09月30日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック