2011年11月27日

前紋別岳2011.11.26

11月26日は、伊達紋別岳の手前の前紋別岳に登ってきた。
ついこの間バックカントリースキーで初滑りをしたばかりだが、雪山のコンディションはあまりよくないし、
ゲレンデと言うのもいまいち行く気になれないので、普通に登れる道南の伊達紋別岳に向かうことにした。

3合目まで登ると「一望台」に到着。
噴火湾、有珠山、昭和新山、晴れていれば羊蹄山が一望できるのだ。

01一望台.jpg

暫く、尾根を登っていく。
なんとなくこの間、歩いたニセイカウシュッペ山に向かう登山道に似ている感じがした。
積雪は、2〜3cmとツボ足で登るには全く問題な程度だ。

02雪の稜線歩き.jpg

7合目の休憩所に到着すると、正面に室蘭岳や稀府岳その右には噴火湾が見える。
稀府岳をかすめて奥には室蘭の工場群から出る煙や、白鳥大橋の主塔が見える。

03室蘭の街.jpg

7合目からの稜線歩きは、強風で手がかじかんで痛い。
前紋別岳までのぼって、ここで本日の山頂とすることにする。
この奥の伊達紋別岳まで行くには、強風と寒さでちょっと厳しい感じがあった。

04前紋別岳.jpg

前紋別岳の山頂からは、伊達紋別岳へ延びる登山道の廻りの樹氷や奥にはうっすら雪をかぶった有珠山が見えた。

05伊達紋別岳と樹氷.jpg

前紋別岳の山頂では、休憩無しですぐに下山し始めた。
噴火湾や伊達の市街をみながら強風の中、下山する。

06伊達の街.jpg

噴火湾の向こうにはうっすらと駒ケ岳のシルエットが見えた。

07駒ケ岳.jpg

7号目の休憩所で、昼ご飯を食べて寒いので急いで下山する。
3合目からの眺めを再度パチリ♪
左から、噴火湾、有珠山、昭和新山、洞爺湖、ニセコ連山が見える。
晴れていれば羊蹄山も見えるだろう。

08一望台から.jpg

やはり、この山のジオパークが一望できる眺めは晴らしいと思う。

すっかり冷え込んだ体を、大滝のホロホロ山荘の湯で温まって札幌に帰ったのでした。


posted by ぎょ at 22:12| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
樹氷〜
こっちはまだ見れませんね〜
すばらしい眺めですね。
いつか行ってみよう〜
Posted by on at 2011年11月28日 06:31
>onちゃん
樹氷も綺麗ですが、ここの山は天気が良ければ最高の眺めがありますよ。
ぜひ一度行ってみてください、オススメです!
Posted by ぎょ at 2011年11月28日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。