2011年11月29日

をとわでランチ

だいぶ前の話、田舎から出てきた父が目(黄斑変性)の定期健診で市立病院に来た時に両親と姉妹と「をとわ」でランチを食べた。
早い時期に予約をしておくと個室で落ち着いて食べることができるので、最近は病院に来た時はここで食事です。
今回の写真はiphone4sで撮りました。

2週間くらい前なので記憶が曖昧になっているけど、前菜は手前から、ほうれん草とじゃがいものナムル、鴨、アボガドのディップ

前菜.jpg

ゆり根団子、中にはキノコやエビが入っていたような気がする(笑)
お造りは、マグロとカンパチ(かな?)

ゆり根.jpg お造り.jpg

メインはギンポウの焼き物とご飯と味噌汁。
ギンポウは見た目はグロテスクだが、江戸前の天ぷらの材料としては高級魚らしい。
しかし、そこらへんおテトラポットのあいだとか港の防波堤などで簡単に釣れる。
以前、標津の漁港でブラーで釣り上げたことがある。
味の方は、油がのっていてなかなか美味しい。

焼き物とご飯.jpg

「をとわ」のランチは間隔(数カ月)を開けて利用すればその都度、旬の食材をつかった料理を一品一品サービスしてくれます。

年齢を問わず、美味しい物を食べることができていいと思います。



posted by ぎょ at 21:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。