2014年06月09日

利尻、礼文の花旅 2014.06.06〜06.08(1)

週末は利尻島と礼文島に行ってきた。
当初の予定は本州の八ヶ岳にいってツクモグサを見たり営業山小屋に泊まったり、富士山を見たりの予定だった。
しかし、先週からの天気予報は雨、しかも梅雨入りしそうな気配だった。
やはりせっかく行くのだからいい天気の時に登りたいと思い、出発4日前になって全てキャンセルした。

比較的天気の良さそうな利尻島方面はどうだろう?と調べだすと、まだマイルで飛行機は取れるし、宿も確保できそう。
そして、花もどんどん増えてレブンアツモリソウも開花し始めたということなので。
メインは礼文島への花旅ということに決定した。

丘珠からHACの礼文島行きに乗り、あっという間に到着。
天気は曇り空だが視界はよく、かっこいい利尻山ははっきり見えていた。

s-IMG_4777.jpg

飛行機は15時過ぎに到着して、フェリーがうまく接続できないので礼文島へはその日のうちに渡れない。
利尻島に一泊して翌日の朝のフェリーに乗ることにする。
ちなみに、札幌から夜中に夜行バスか夜中の運転で稚内に着いて朝のフェリーに乗ると10時頃には礼文島に着くらしい。

宿は、比較的新しい、ガイドの方がオーナーをされている「ペンション レラモシリ」
部屋からは利尻山が丸見えで、山好きにはたまらない部屋だった。

s-IMG_4780.jpg

一休みしてから散歩に出かける事にした。
歩き始めてすぐに、見たことある花が民家の庭先に咲いている・・・。
あれ?としばらく考えたら、去年の利尻山9合目で見たリシリヒナゲシだった・・・。

s-IMG_4787.jpg

街のいろんな家の廻りの砂利が敷かれているところに多く咲いていた。
どう見ても花壇じゃないし、自生といってもいいような感じだ。
これは、どうにかしなければならないのでは・・・。

s-IMG_4788.jpg

そして、街の至る所にミヤマオダマキ(深山じゃないけど)が咲いていた。
これは、利尻島も礼文島も同じだった。

s-HMGP7253.jpg

鴛泊のフェーリー乗り場までやってきた。
新しいターミナルが完成していてとっても綺麗になっていた。
この後は、写真の奥に見えているペシ岬に登った。

s-HMGP7268.jpg

登り始めてしばらくすると、すでにエゾカンゾウが咲いていた。

s-HMGP7282.jpg

港からフェリーが出航していった。

s-HMGP7286.jpg

一等三角点「鴛泊」のあるペシ岬の頂上に到着。
奥には灯台と先ほど出航していったフェリーが見えた。

s-HMGP7288.jpg

明日向かう、礼文島も綺麗に見えていた。

s-HMGP7298.jpg

下山(?)途中に見つけた、チシマゲンゲかな?
これも少し時期が早いような気がする。

s-HMGP7302.jpg

宿に戻って待望の夕食、食堂からも利尻山が見えていた。
ご自慢のうにの釜飯といろいろな海の幸をいただいた。

s-HMGP7313.jpg

夕食の後は、利尻富士温泉を引いた露天風呂でのんびり
露天からも素晴らしい景色だった、下山後にこのお風呂に入るといろいろと回想できて楽しいだろうなと思った。

s-IMG_4805.jpg

わずかな時間だったけど、ちょっとだけ利尻の雰囲気と海の幸と温泉を楽しんだ。
明日は、礼文へ向けて出発です。










posted by ぎょ at 21:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。