2014年11月03日

ニュージーランドの旅 その2

クイーンズタウンからミルフォードサウンドへ

朝起きると、風は強いが快晴だった。
今回の旅のお供である、トヨタ カローラ(日本名:オーリス)を走らせて約290km先のミルフォードサウンドへ向かう。
クイーンズタウンが面するワカティプ湖沿いを進むと、雪をかぶった山々と綺麗な湖の景色が広がり、途中で何度か休憩して写真を撮った。

001.JPG
ワカティプ湖とクイーンズタウン


003.JPG
今回借りたカローラ


002.JPG
クイーンズタウンの街をズーム


ニュージーランドの道路は、日本と同じ左側通行だが、郊外の制限速度は100km、市街地は50km〜80kmと至ってシンプルだ。
しかし、100kmといっても道路は片側1車線の一般の道路で、カーブではそのきつさに合わせて何kmで走るようにという指示がある。
一般道の構造なので、おのずと動物も横切る事になり、至る所にポッサムやウサギや鳥の死骸が点在している。
道路沿いには牧場がたくさんあって、やはりニュージーランドといえば羊である。
至る所に羊がいる、オスだけの群れや親子連れの群れや、毛を刈られたばかりの群れなど、いろいろ見る事が出来た。
そのほかには、牛、トナカイのような角を持った鹿、アルパカなどの牧場が点在していた。
さすがに、酪農王国である。

004.JPG
羊の群れ


車はテ・アナウという街に差し掛かる。
ここは、フィヨルドランド国立公園の玄関口にあたる小さな街で、テ・アナウ湖に面している。
ここから、目的のミルフォード・サウンドまでは約120kmで、この街を過ぎると携帯電話も通じなくなく。

テ・アナウを出るとすぐに、ミルフォード・トラックのスタート地点に着く。
ミルフォード・トラックは「世界一美しい散歩道」といわれ世界中のトレッキング愛好家のあこがれのルートだ。
ここから、山小屋に泊まりながら4泊5日で歩くのだそうだ。
期間は11月から4月までなので、今回の僕たちの旅では歩く事は出来ない。
もし歩くとすれば、あらかじめ予約が必要で、ツアーと個人ウォークがあって個人のほうは今の段階で既に4月中旬まで満員のようだ。

005.JPG
ミルフォード・トラックの出発地点


道はテ・アナウ湖から離れ山沿いの道になる。
樹林帯の道を進んでいると突然、景色が広がる場所に出た。

エグリントンバレー(Eglinton Vaslley)と呼ばれる、広い草原で奥には雪をかぶった山々を見る事が出来た。
とにかく雄大な景色だった。

006.JPG
エグリントンバレーEglinton Vaslley


007JPG
遠くの山々


当日は風の強い日だったが、湖面が鏡のように美しい、ミラー・レイクと言うところがあるので寄って見た。
水は青く透き通っていて、道東の神の子池を思い出させるような、倒木が水の中に沈んでいた。
湖面には、その名の通り向かいの山が鏡のように映り込んでいて綺麗だった。

          008.jpg
ミラー・レイク


ニュージーランドにはミルフォードトラックのほかにも有名なルートバーントラックというのがある。
ここも何泊かしながら歩くのだが、その終着点ディバイドというのが、今回走っているルートの途中にある。
そのルートの一部分を歩き、キーサミットというところまでトレッキングをする事にした。
当初の予定では、30分ほどでピークに着くと思っていたが、何かの勘違いで往復3時間かかるということだ・・・。
船の時間があるので、行けるところまで行ってみる事にする。

010.JPG
ルートバーントラックの入り口(終点)


009.JPG
キーサミットへの往復3時間の標識


登り始めると、苔とシダが生い茂る道で、所々高い山が見え隠れしていた。
キーサミットとホーデン小屋の分岐に差し掛かったが、時間がないのでホーデン小屋まで行く事にした。
分岐からは下りの道になり、15分くらいで小屋に着いた。
小屋の奥には綺麗な湖があった。

011.JPG
トラックから見えた山


012.JPG
シダの生い茂るトラック


013.JPG
素晴らしい景色


014.JPG
終点の湖


少しだけ、ルートバーン・トラックの雰囲気を味わい、登山口のディバイドへ戻りミルフォード・サウンドへ向けてドライブを再開した。

ニュージーランドの旅 その1へ
ニュージーランドの旅 その2へ
ニュージーランドの旅 その3へ
ニュージーランドの旅 その4へ
ニュージーランドの旅 その5へ
ニュージーランドの旅 その6へ
ニュージーランドの旅 その7へ
ニュージーランドの旅 その8へ
posted by ぎょ at 09:14| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Newzealand2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408230866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック