2014年11月05日

ニュージーランドの旅 その4

マウントクックでトレッキング

マウントクックへ向かう朝のクイーンズタウンは快晴、なぜかクイーンズタウンはずっと天気が良かった。
今日も300km近い距離をドライブして、マウントクックへ向かう。
天気予報によると、翌日は雨予報なので、できるだけ今日のうちにトレッキングをしておきたいと思い、早めにチェックアウトをして出発した。

クイーンズタウンを出て北に向かうと、広い敷地のぶどう畑が目につくようになる。
時間があればワイナリーにも寄りたいところだが、朝早いのもあるし、早めにマウントクックへ付きたいので景色だけ眺めることにした。

途中、道路脇にアヒルの群れを発見!
放し飼いなのか、野生なのかわからないが新鮮な風景なので、写真を撮っておいた。

Hooker01.jpg
アヒル


順調に運転して、マウントクックへの入り口であるプカキ湖へ近づくと、小雨が降りだした。
本来なら、ブルーのプカキ湖の奥にマウントクックの勇姿が見えるのだが、雲に覆われているようだ。
とりあえず、一度姿を見ておかないと落ち着かない(笑)
マウントクックは晴れる確率が低く、滞在中全く見れない人も多いとか・・・・。

予定より早く、3時間くらいでマウントクック キャンプ場に到着した。
小雨が降っていて肌寒いが、明日はもっと悪くなるかもしれないで、雨装備で歩き出すことした。
まずはフッカー氷河湖までのフッカーバレートラックを歩くことにする。
歩き出すと、左手に宿泊先のハミテージホテルが見え、谷の奥には青く輝くプカキ湖が見えていた。
最初の吊り橋にが見え、奥にはミューラー氷河湖が見えてきた。
この頃から青空が見え始め、徐々に天気が回復していく感じがして、徐々にマウント セフトンの山頂が雲の隙間から見え始めた。

Hooker02.jpg
フッカーバレートラック スタート地点


Hooker03.jpg
ハーミテージホテル


Hooker04.jpg
奥に青いプカキ湖


Hooker05.jpg
第1の吊り橋とミューラー氷河湖


Hooker06.jpg
マウント セフトンとミューラー氷河湖


第1の吊り橋を渡る手前で、マウントクックリリーを目にすることが出来た。
ニュージーランド固有の花で、葉はエゾノリュウキンカに似ているが花は白く花びらが多い。
少し時期が早いかと思っていたが、咲き始めの株が多かったが、満開のものもあって見れてラッキーだった。

Hooker07.jpg
マウントクックリリー


Hooker08.jpg

Hooker09.jpg
1輪だけ咲き始め


吊り橋の下はフッカーリバーの白濁した水が勢い良く流れていた。晴れていれば河原の奥にはマウントクックが見えるはずなのだが・・・。

Hooker10.jpg
フッカーリバー


Hooker11.jpg
河原からの眺め


ルートは新しい木道になる。
木道の上には金網が敷いてあり、滑り止めになっているようで結構すべらない。
第2の吊り橋と第3の吊り橋を渡り、徐々にフッカー氷河湖に近づいていく。
氷河湖では、氷河から分離した大小の氷が浮かんでいた。
展望台から氷河を眺めた後は、湖畔へ降りて行って昼ごはんを食べた。
この頃になると、日が照ってきて暖かくなってきた。

Hooker12.jpg
木道を進む


Hooker13.jpg
第3の吊り橋


Hooker14.jpg
氷河湖の氷


Hooker15.jpg
氷河の先端


Hooker16.jpg
流氷?


休憩して、来た道を引き返すと、背後のマウントクックが気になる。
なんとなく見えているのでないだろうか?と何度も振り返った。
途中の小屋のところで、腰掛けてしばらく待ってみると徐々に薄っすらとピークが見えてきた!

Hooker18.jpg
振り返るとなんとなく・・・


Hooker19.jpg
マウントクックとご対面


薄っすらとだけど、観ることが出来たのでひと安心して、キャンプ場へ戻ることにする。
マウントクックリリー以外の花は殆どないが、小さな白い花と、小指の先程のすみれを見つけた。

Hooker20.jpg

Hooker21.jpg
白いスミレ


キャンプ場に着く頃は、マウント ロフトンもかなり広い範囲で見えるようになってきた。
途中、うさぎに遭遇したが、日が沈む頃部屋の前の庭にも現れて、そして翌日も別の場所で見たので相当数いるようだ。

Hooker22.jpg
マウント ロフトン 3,151m


Hooker23.jpg
跳ぶうさぎ


キャンプ場に到着すると、チェックインの時間にはまだ早かったので、体制を整えてケアポイントというところまで、歩いてみることにした。
ケアポイントという見晴らし台までは、30分くらいで到着した。
そこからの、マウントロフトンやマウントクックの眺めは素晴らしく、眼下のミューラー氷河の堆積物や青い水は印象的だった。

Hooker24.jpg
ケアポイントトラック


Hooker25.jpg
目の前に迫るマウントロフトン


Hooker26.jpg
マウントクックもかなり見えていた


天気が良くなり素晴らしい景色を堪能してハーミテージホテルへチェックインした。
アジア系のゲストが多いらしく、フロントの女性の1人は日本人だった。

ニュージーランドの旅 その1へ
ニュージーランドの旅 その2へ
ニュージーランドの旅 その3へ
ニュージーランドの旅 その4へ
ニュージーランドの旅 その5へ
ニュージーランドの旅 その6へ
ニュージーランドの旅 その7へ
ニュージーランドの旅 その8へ
posted by ぎょ at 22:40| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Newzealand2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408393417
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック