2015年04月28日

紋別岳 2015.04.26

暑寒別岳で春山スキーの予定だったが強風予報だったので、伊達の紋別岳へ登ることにした。
最近は毎朝のように藻岩山へ登っているが、実質夏山装備をして登るのは今シーズ初めてなので夏山シーズンインということになる。

いつものように寄り道をしながら、登山口に着いたのは10時を過ぎていた。
天気がいいので皆さん登りに来たのだろう、駐車場にはすでに10台以上の車が止まっていた。

準備をして登り始める
この山に来るのは、春か晩秋が多い。
春は4月に来ることが多いので、花は咲いてないのはわかっていたが、今年は雪が少なく暖かかったので
もしかして咲いているかな?と思ったがやはりまだ早かった。

花がないので鳥でもいないかな?と思いながら登ったがほとんど会うこともなく7合目のいっぷく広場に到着した。

datemon01.jpg
登山口標識


datemon02.jpg
樹林帯の登り


いっぷく広場につくと、稀府岳や室蘭岳の姿が見えるようになる。
休憩もそこそこに、先に進むことにした。
雪がい多い年はこの広場の周辺に雪があるのだが、今年は殆ど無い。
これから先、頂上までも雪の上を歩いたのは数カ所だけだった。


datemon03.jpg
稜線歩きを初めていっぷく広場を振り返る


前紋別岳に近くなると風が強くなってきたので上着を着込んですすんだ。
前紋別岳の標識越しに羊蹄山が見えるのだがこの日は残念ながら霞んでいた。


datemon04.jpg
強風の稜線にて


datemon05.jpg
前紋別岳


風は弱まること無くずーっと吹いていた。
頂上に着くと、目の前に有珠山、洞爺湖、羊蹄山やニセコ連峰などが一望できるのだがPM2.5の影響なのか霞んでいて残念だった。
風が強いので休憩もそこそこに、すぐ下山を始めた。

datemon07.jpg
頂上手前から山頂標識


datemon06.jpg
山頂からの眺め


稜線を引き返していると、4、5人の団体とすれ違った。
彼らは、今流行りの太いタイヤの自転車(ファットバイク?)を押して登ってきていた。
乗ってきたの?と聞くとさすがに押してきましたと言っていた。
きっと下りは楽しいのだろう・・・。
いっぷく広場に戻ってからは、ベンチに腰掛けて久々に山ラーメンを食べたりコーヒーを入れておやつを食べたりして、のんびり過ごした。

下山時は何種類かの鳥も見ることができた。

datemon08.jpg
下山時の稜線


datemon09.jpg
ゴジュウカラ


下山後は、道の駅にもなっている伊達歴史の杜に立ち寄って、花や桜や梅を見学して札幌に戻ったのでした。

datemon10.jpg
シラネアオイがすでに咲いていた


datemon11.jpg
梅も咲き始め


datemon12.jpg
桜が満開な木もあった


datemon13.jpg
シジュウカラ


datemon14.jpg
桜とヒヨドリ


posted by ぎょ at 17:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418081899
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック