2015年05月15日

弥彦山(新潟県)2015.05.13

新潟ダブルヘッダーの2座目は弥彦山へ登った。

弥彦山の登山口には万葉集にも歌われた古社の弥彦神社があり、その周りは弥彦温泉があり雰囲気のよい宿やお土産屋さんがある。
登山口は神社の横の万葉の道と言う杉並木の遊歩道を進んだところにある。
この遊歩道の先にはロープウェイ乗り場があって、それで登ることも出来る。

登山口には鳥居があって、そこからすぐのところに茶屋があるのだが、北海道ではお目にかかれない光景だ。
このルートは表参道ルートと呼ばれ、山頂には御神廟があって最も代表的なルートらしい。

           yahiko01.jpg
万葉の道


yahiko02.jpg
登山口


茶屋のおばさんに、頂上までどのくらいですか?と尋ねると、普通は1時間半と言われるけど、あなただったら40〜50分で着くんじゃない?と根拠の無いことを言われた。
手前の案内板には往復3時間半と書かれていたので、それだと帰りの飛行機の時間が間に合わないなと思い聞いてみたが、1時間半かかっても大丈夫そうだ。

茶屋を過ぎてすぐ、見たこと無い綺麗な花が沢山咲いていた。
シャガというアヤメ科の植物のようだ、配色が作り物のようなお花だった。

道はよく整備されていて、木漏れ日があって気持ちいい。
ただ、勾配は結構急で休みなくジグザグに高度を稼いでいくという感じだ。
ヤマツツジやラショウモンカズラという花を見ながら進むと9号目の稜線にでる。
そこからは、日本海を見ることが出来た。
稜線に出て、右へ行くとロープウェイ駅、左へ行くと山頂だった。

yahiko03.jpg
シャガ(著莪)の花


yahiko04.jpg
登山道


yahiko05.jpg
ヤマツツジ


yahiko06.jpg
ラショウモンカズラ(羅生門葛)


yahiko07.jpg
9合目からの日本海


9合目から階段のある道を、10分ほど進むと御神廟が見えてきて、鳥居の手前には係の人がいる建物で御札などが売られていた。
鳥居をくぐると、山頂広場に到着した。登山口から1時間だった。
そこからは、霞んでいたが日本海の海岸線や新潟平野がぼんやりと見えていた。
山頂は、前日の台風の影響か風が強かったので、長居せずすぐに下山することにした。


yahiko08.jpg
御神廟


yahiko09.jpg
弥彦山 山頂標識


yahiko10.jpg
新潟平野


下山後は、せっかくなので神社の本殿にお参りをした。

yahiko11.jpg
本殿


1座目の角田山とは全く雰囲気の違ういい山でなかなか楽しめた。
弥彦温泉で汗をながして、空港へ向かったのでした。
又機会が会ったら違う山を登ってみたい。



posted by ぎょ at 19:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。