2015年05月25日

旭岳 2015.05.24

週末はニセイカウシュッペ山方面へ登る予定で、土曜日に登山口までの林道調査してきた。
途中倒木が何ヶ所かあり、登山口から1kmくらいの所で雪で通行できなくなった。
車を置く場所を考えると、かなり後退しなければならず、林道歩きも長くなるので予定変更。
帰りに、林道から見える表大雪が綺麗だった。

asahidake01.jpg
北鎮岳方面


翌日は大雪山の旭岳へ向かい、頂上を経由してお鉢平の方まで行ってみるつもりだった。
ロープウェイの姿見駅へは、7時過ぎに到着したが、始発は9時なので、周辺を散歩してみた。
山麓駅の周りの勇駒別湿原は雪が溶けたばかりで、エゾノリュウキンカの大群落が見れた。

asahidake02.jpg
エゾノリュウキンカとミズバショウ



山麓駅掲示板によると、姿見駅は気温3度、風速12m、濃霧で視界なしとの事だったので、ガスが晴れても風が強くなる予報だったので厳しいかなと思ったけれども、とりあえず出発することにした。
ガスで視界のない中、前日までの踏跡を頼りに登り始めたが、15分もするとだいぶ視界が利くようになってきたので、もう道迷いの心配はない。

登山道はほとんど夏道状態で、時々大きな雪の斜面もあったが、アイゼン無しで大丈夫だった。
高度を上げると、風はいっそう強くなり標高2000mくらいで、登ってる意味がわからなくなるような強風になり途中で下山することにした。
その場所からトムラウシ方面をみると、ゼブラの斜面をトラバースしてくるパーティがいた。
2泊で縦走を楽しんできたようだ、頂上の情報を聞くと、更に風は強いしガスがひどく視界がないようなので、改めて下山することに決めた。

asahidake03.jpg
下山地点、金庫岩が見える


asahidake05.jpg
トムラウシ方面のゼブラ


下山時は、雪のある斜面で尻滑りしながら降りると、あっという間に下山してしまった。
なんだか、消化不良の山行でした。

asahidake07.jpg
尻滑り


asahidake08.jpg
ライン 笑


asahidake09.jpg
旭岳の全貌



その後は尻滑りしながらきました。


posted by ぎょ at 18:53| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。