2015年08月06日

大雪山お鉢廻り 2015.08.02

8月に入って最初の日曜日は、大雪山のお鉢を一周してきた。
下界は暑い日が続いていたので、こんな日は涼しいところに登って、いい景色とお花を楽しむことにした。

層雲峡からロープウェイとリフトに乗り、黒岳ピークを経て、お鉢を一周するという。
なかなか、お手軽でロープウェイとリフトは往復で、2,550円というセレブ登山だ。

天気は快晴で、リフトから黒岳頂上までの登山道は直射日光で暑かった。
しかし、思ったより花が多くて、いくぶん慰めになる。

ohachi01.jpg
5合目から黒岳ピークを望む


ohachi02.jpg
高度を上げて、北大雪を望む


ohachi03.jpg
シナノキンバイ


ohachi04.jpg
ウメバチソウ


ohachi05.jpg
ミヤマアキノキリンソウ


ohachi06.jpg
チシマアザミ


黒岳までは多くの登山者を追い抜き、どんどん高度を上げると、招き岩が見えてきた。
この先もダイセツトリカブト、ヤマハハコ、オトギリソウなどを見ながら登って行くと、1時間位で黒岳山頂に到着した。

登り始めは快晴だったが、いつの間にか雲が広がっていた。
多くの登山者が黒岳山頂で休憩していた、ここから石室まで行く登山者が多いのだろうか?多くの人が先に進んだ。

ohachi07.jpg
招き岩


ohachi08.jpg
ダイセツトリカブト


ohachi09.jpg
ヤマハハコ


ohachi10.jpg
オトギリソウ


ohachi11.jpg
黒岳山頂から旭岳方面


石室までの道の周囲には、チシマツガザクラが満開となっていた、そのほかヨツバシオガマやイワブクロなどみながら石室に到着した。
今回のお鉢廻りは、時計回りとしたので、石室からは赤石川方面へ進路を取った。

ohachi12.jpg
チシマツガザクラ


ohachi13.jpg
ヨツバシオガマ


ohachi14.jpg
北海岳方面


明石川が近くなると、雪融け後に咲いたチングルマやエゾコザクラがまだ元気に咲いている場所があった。

ohachi15.jpg
雪融け後のチングルマ

ohachi16.jpg
エゾコザクラ


ohachi17.jpg
コバイケイソウ


赤石川の渡渉箇所は問題なく渡ることが出来た。
その後は、秋には素晴らしい紅葉を見ることが出来た大きな雪渓の残る川沿いの道を進む。
その周辺には、チシマクモマグサの群生やクモマユキノシタやミヤマリンドウなどもみられた。
川沿いを離れて、北海岳への稜線めがけて登り始めると、白いイワブクロが咲いていた。
白い花の群生の横には普通の薄紫のイワブクロが咲いていてその違いがよくわかった。

ohachi18.jpg
赤石川


ohachi19.jpg
北海岳への稜線を歩く登山者


ohachi20.jpg
チシマクモマグサ


ohachi21.jpg
2色のイワブクロ群生


ohachi22.jpg
白いイワブクロ


ohachi23.jpg
クモマユキノシタ


ohachi24.jpg
ミヤマリンドウ


北海岳のピークからは、お鉢やその周りの山が綺麗に見えたが、遠く離れたトムラウシは雲に隠れて見ることは出来なかった。

ohachi25.jpg
北海岳のピーク


ohachi26.jpg
トムラウシ方面


ohachi27.jpg
お鉢と北鎮岳


間宮岳に近くなると、旭岳のピークにたくさんの登山者がいるのが見えた。
そして、分岐からは中岳温泉から裾合平を抜けていく人が多くなってきた。

ohachi28.jpg
旭岳のピーク


ohachi29.jpg
イワツメグサ


ohachi30.jpg
コマクサ


ohachi31.jpg
コヒオドシ


ohachi32.jpg
間宮岳


間宮岳を過ぎた頃から花の種類が少なくなった、イワツメグサやクモマユキノシタなどはあるが他の花が見当たらない。
中岳のピークには以外にも多くの人が休憩していた。
そこからは、有毒温泉から流れ出る硫黄色の川が見られた。

ohachi33.jpg
硫黄の川


ohachi34.jpg
中岳ピーク


中岳ピークの後は北鎮岳分岐を過ぎ、お鉢平の展望台へ一気に下った。
そこでは、双眼鏡を片手になにか調査している人がいた、北大のクマ研だろうか?

ohachi35.jpg
お鉢平展望台


そこから、石室までの雲ノ平は小さな高根ヶ原のように見えて、展望台の斜面にはチングルマ、エゾノツガザクラ、アオノツガザクラの群生が見事だった。

ohachi36.jpg
お鉢平展望台から黒岳方面


ohachi37.jpg
お花畑


ohachi38.jpg
エゾノツガザクラとアオノツガザクラのお花畑


ohachi39.jpg
チングルマとエゾノツガザクラ


素晴らしいお花畑を眺めながら、石室に到着。
そこでコーヒーを飲んで休憩して、下山した。

7月に訪れた時の大雪山は、花の開花が遅れていて、すこし残念な状況だったが、ここに来て本来の花の大雪山になっていた。
全部の花を載せたわけではないが、種類としては一年でこの時期が一番多いのでは無いだろうか?
下界は30度近かったようだが、山の上は時折上着を着たくなるほど、涼しくて快適に歩くことが出来てよかった。
ということで、一月ぶりの大雪山は十分楽しむことが出来ました。
posted by ぎょ at 18:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック