2015年09月01日

羊蹄山 2015.08.30

日曜日は羊蹄山にソロで登ってきた。

天気はいまいちだったけど、なんとなくトレーニングを兼ねて登ってみることにした。
山の方には1300mくらいまで雲がかかっているようだったが、山頂は抜けてるのを期待して出発した。

コースは喜茂別コース。
道々から登山口までの砂利道は補修され綺麗になっていた。

youtei01.jpg
雲がかかった羊蹄山


花もあまりないので、写真もほとんど撮らず、黙々と高度を上げる。
振り向くと、尻別岳の姿がハッキリと見えていた。
しかし、ここから上は雲の中に突入して景色はなくなった。

youtei02.jpg
尻別岳


1600m位になると、頂上方面に青空が見えるようになってきた。
そして斜面には、色づき始めた木々が点在していた。

youtei03.jpg
色づき始めの斜面


youtei04.jpg
ウラジロナナカマドの紅葉


3時間ぐらいで山頂に到着
雲の上に出ると期待していたが、登ってきた斜面からガスがどんどん上がってきてあまり景色は良くない。
それでも、一瞬ガスが取れると、京極方面の稜線や雲海が見えていた。
山頂標識の写真をとり、その岩陰に腰をおろしてしばらく休憩。
景色はガスで見え隠れして、それ以上は良くならなかった。

youtei05.jpg
山頂


youtei06.jpg
ガスのかかる外輪山


youtei07.jpg
御釜で虹?ブロッケン?的な・・・


youtei08.jpg
一番の景色


休憩した後は、京極コースの分岐の方へいって、ガスが晴れた山頂の景色を撮ろうと思ったが、あまり良くならないので、すぐに戻ることにした。

youtei09.jpg
京極コース分岐から


下山は滑り安い急な道を、一気に降りた。
雲は、登りの時よりも低い位置まで掛かっていて、景色はほとんど楽しめなかった。
トレーニング的な登山だったけど、翌日は筋肉痛になった。
こういった登りはたまにやっておかないとダメだなと思った。






posted by ぎょ at 18:28| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぎょさん、「白虹」と云うそうですよ。
尾瀬の仲間たちは、尾瀬ヶ原に浮かぶ白虹を撮影することが目的のひとつになったりしています。
「はっこう」と呼ぶそうですが、変換では出ませんね。
「しろにじ」の方が雰囲気がありそうです。
「霧虹」の別名となっていますから、水滴が霧状になったときに現れるのでしょうか?
いずれにせよ、朝霧の多い尾瀬でも、簡単には見られないそうです。
 
Posted by オイちゃん at 2015年09月02日 15:29
オイちゃん、教えていただいてありがとうございます。
ググってみましたが、確かに白虹というものですね。
霧のかかる山頂で背後から日が差していたので、現れる条件に当てはまりますね。
最初2重になっていて、その間が薄い虹色になっていて変わってるなと思っていたんです。
この写真撮った時は一重になってました。
Posted by ぎょ at 2015年09月03日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。