2015年09月25日

斜里岳 2015.09.21

シルバーウィークは雨の初日はニセコへ、二日目以降は道東へ行き、キャンプをして山に登ったり釣りをしたり、たくさん遊んだ。

とりあえず、斜里岳に登ったのでその様子をアップします。

登山口のある清岳荘前の駐車場に着いたのは少し遅目の朝8時頃だった。
駐車場手前から路駐車がたくさん止まっていて、まるで混雑時の富良野岳のような感じだった。
運よく、山小屋の方に誘導されて一台分の駐車スペースに止めることが出来た。
やはり、好天のシルバーウィークの百名山だけあって凄い登山者の数のようだ。
準備をして、清岳荘前で記帳して、駐車料金100円を金庫に入れて歩き始めた。

s-syari01.jpg
満車の駐車場


s-syari02.jpg
清岳荘前で入山届け


歩き始めは、樹林帯だがすぐに林道にでる。
林道の終点から沢沿いの登山道になり、そのあとは何ヶ所もの渡渉やへつりが始まる。
水量は比較的多い感じだが、ギリギリ飛び石で渡渉できる感じだった。
よほど古い登山靴でない限り靴の中は濡れないのではないだろうか。
沢沿いを進むと、時々上空が開けてピークが見えた。

s-syari03.jpg
沢の様子


           s-syari04.jpg
沢から見るピーク


新道と旧道の分岐の下二股からは、沢沿いの旧道を進む。
いくつもの滝をみながら、滑りやすい沢を進み最後の霊華の滝の渕を慎重に登ると、だんだん勾配がゆるくなる。
その後も、しばらく沢の中を歩くと、上二股に到着した。

s-syari05.jpg
水蓮の滝


s-syari06.jpg
ダイモンジソウ


           s-syari07.jpg
霊華の滝


上二股からも沢の中をしばらく進むと、いつしか沢から離れ急登の道となる。
この辺りで、視界がひらけピーク直下や南斜里岳の色づいた斜面を見ることができるようになった。
また、振り返ると摩周湖と屈斜路湖が見えた。

s-syari08.jpg
ピーク方面の斜面


s-syari09.jpg
左奥に摩周湖、右奥に屈斜路湖


s-syari10.jpg
紅葉の斜面


ピーク手前のコルに到着すると、多くの登山者が休憩していて、中にはそこにザックをデポしてピークに向かう人もいた。
北海道ではあまりデポしてピークに向かうのは見ないので本州の人だろうか?
同じような光景を九州の久住山でも見たのでそう思った。
僕たちは、休憩しないでピークを目指したが、このころからガスが多くなってピークも見え隠れしていた。
山頂に着いても頭上は晴れているのだが、ガスで景色はほとんど無かった。

s-syari11.jpg
ピーク方面


s-syari12.jpg
山頂標識


山頂では、昼ごはんを食べていたら、徐々にガスが抜けだして南斜里岳のピークが見えるようになってきたが、結局最後まで、知床方面のガスは晴れることはなかった。

s-syari13.jpg
南斜里岳方面


ゆっくり休んで、下山することにした。
前回は旧道→新道と歩いたので、今回は新道の往復にしたいと思っていたが、滑りやすかったり、足場がなかったりと危険だったのでやはり、一般的な新道で下山することにした。

時折、正面に見える南斜里岳の斜面の紅葉を楽しんだり、新道からみえる斜里町方面の景色を楽しみながら下山した。

s-syari14.jpg
南斜里岳の紅葉


s-syari15.jpg
斜里町とオホーツク海の眺め


s-syari16.jpg
アップダウンの新道


s-syari17.jpg
新道稜線からピークを振り返って


長い新道を下りて、再び渡渉を繰り返して、林道に出たところで真っ赤に紅葉したカエデの木があった。
あまりにも赤かったので写真を撮っておいた。

s-syari18.jpg
真っ赤な紅葉


2度目の斜里岳は、比較的天気に恵まれ、変化に飛んだ楽しい旧道の登りと、新道からの景色を見ながらの下山は楽しかった。


posted by ぎょ at 19:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。