2008年02月04日

本当は小柄な人達

昨日は、札幌の大倉山にワールドカップスキージャンプを見に行った。

s-R0013537.jpg

スキージャンプと言えば、札幌オリンピックを思いだす。
笠谷、青地、今野って日の丸飛行隊が金銀胴を独占してしまった。
でもそれは、宮の森で当時の70m級、ここ大倉山は90m級でさすがの笠谷も失敗・・・。
なんだかものすごく期待してテレビを見ていたのを思い出した。

そんな、スキージャンプだが、札幌に住んで25年目にして始めて生で観た。
観戦途中、kumaさんに電話してオススメの観戦ポイントを聞いた。

s-R0013546.jpg

まずは、K点(120m)付近でみて見る事に、アプローチはあんまり見えないけど、目の前に着地する選手はなかなかの迫力でおもしろかった。
メガホンをもって全部の選手を応援するジャンプ応援団もいてなかなかの盛り上がり。
でもその人達に後に選手ののぼりや横断幕に混ざって、なぜか「ラーメン」のぼりが・・・謎だ。

そして、一番驚きは・・・

昨日は、競技の開始が風のため少し遅れていて、一回目の競技が始まる前に少し時間があったので、観客席付近をうろうろしていたら、目の前に、葛西選手と伊東大貴選手がいるではないか!
s-R0013543.jpg s-R0013555.jpg s-R0013558.jpg

二人とも、知合いに挨拶したり、嫌な顔せず気さくに写真撮影に応じていた。
競技始まる前に、こんな一般客の中にいていいの?
アップとか集中するとかしなくていいのかな?と思ってしまう。

ちなみに、この2選手葛西選手は1本目に距離がでず2本目に進めなかった。

そのほかにも、目の前で東選手とか岡部選手、それからすでに引退した荻原(たぶん次晴)さんなんかを近くで見る事が出来た。

それにしても、みんな細くて小さい・・・。
ぜったい街中であってもスポーツ選手だと思わない。
でも、それだけストイックにしなければ勤まらないんだろうなと思う。

結果のほうは、オーストリアのモルゲンシュテルンが優勝、彼一人だけ物が違います!!


posted by ぎょ at 17:58| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
youさん
2月になってしまいましたが、今年もヨロシクお願いします。
私は寒さに怯えて、まだジャンプ見たことないのです。
でも札幌オリンピックはよく覚えています。
90M級の金メダルはポーランドの軍人。
笠谷は1本目で2位につけるも2本目失敗。
これは笠谷明生コーチが間違って「GO」のサインを出してしまったと
後年テレビ番組で言ってました。
Posted by “ちぃさま” at 2008年02月07日 20:17
ちぃさま

こちらこそよろしくお願いします。
ジャンプは一度、生で見るのをオススメしますよ!
競技場には、屋内の休憩所や売店なんかも
あって寒かったらすぐ非難できますよ。

笠谷の失敗ジャンプは、ほんと残念だったので鮮明に
覚えていますよね。
昔は水平のバーがなくて斜め横から飛び出して
滑り出すのとか・・・懐かしい。
Posted by you at 2008年02月07日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。