2010年06月03日

春紅葉と山菜市

金山湖から占冠に抜ける金山峠はみごとな春紅葉になってました。
秋よりも綺麗かもしれないな

春紅葉.jpg

占冠では道の駅で山菜市があって、知人が出店(山菜じゃないもの)してるというのでちょっとひやかしに行って来た。

山菜市1.jpg

いろんなお店の中に、山菜を天ぷらで提供してくれるところを発見

山菜市2.jpg

エゾエンゴサク、イタドリ、ニリンソウなど
へ〜こんなのも食べれるんだっていうのがたくさんあって
300円で5種類選んで天ぷらにしてくれます。

天ぷら.jpg

天ぷらになると、なにがなんだかわからないや(笑)
選んだのは、エゾエンゴサク、イタドリ、ユキザサ、ニリンソウ、シドケかハンゴンソウだったかな?

インパクトあったのは、イタドリとおまけのアイヌネギぐらいで、他はなんかの葉っぱくらいな感じかな

それにしても、食べられる野草ってたくさんあるんですね〜
ためになりました!

posted by ぎょ at 15:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

練習風景

夕方のウォーキング時の河川敷は、暖かくなってきたのでテニスをする人や散歩をする人が増えてきた。

そんななか、最近毎日見るのがよさこいの練習風景
どこのチームかわからないけど、たぶん近所の大学チームではないだろうか?

だいぶ形になってきた

何週間か前から、練習が始まっているようだが最近はかなりまとまってきて、形になてっきた。

よさこい自体はあまり興味ないけど、みなさんがんばってくださいね〜
posted by ぎょ at 10:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

行ってみたい



韓国のヤマメ祭り行ってみたい。
韓国にもヤマメがいるんだ〜と驚いたが、同じ海に面しているんだから当たり前か!

つかみ取りのヤマメの大きいこと、釣ってる人数の凄いこと驚きです!
posted by ぎょ at 15:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

銀座でお手伝い

月曜日は、東京の取引先に伺って打ち合わせをした。
その後、マーレ旭丸が出店している、池袋の東武百貨店の大北海道展に行き次の日に使うイクラと塩辛を調達した。
それにしても、この北海道展のお客さんの多さにはびっくりした。
平日の昼間なのにスムーズに歩けないくらいのお客さんが来ていた。

s-R0015972.jpg

最近、何を考えてるのとか、何者なの?とかよく言われるけど。
今回は、銀座でプチ・マルシェの手伝いをしてきた。
ファーム・エイド銀座というイベントで、何をめざしているかはHPを見てもらうとして、何をしてきたかというと、プチ・マルシェでの有機野菜の販売とオーガニック牛乳の試飲のお手伝いをしてきた。

s-R0015975.jpg

じゃがいもの試食をしてもらうため、レンジで温めたじゃがいもにイカの塩辛やイクラをのせて食べてもらった。
この食べ方知らないお客さんが多いけど、食べてもらうと美味しいとなかなか評判である。
にんじんは、生のままスライスして塩水とオリーブオイルをかけて食べてもまらった、これもなかなか好評だ。
それと、津別町で生産しているオーガニック牛乳を試飲してもらった、これは今のところ道内だけの販売で、なかなかの評判でいろんな質問してくる人がいて関心が高い。

今回のお手伝いは、なかなか楽しくていい経験になった。



posted by ぎょ at 18:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

さっぽろタパス2008(4)

4日目のさっぽろタパス(まだいくの?って言われてます)。
昨日もタパスセントロからスタート、昨日は非常に混んでいた。
美味しい生ハムも大人気で、今日までもつかな?だいぶスリムになっていた。

s-R0015782.jpg

2軒目はhofe、ここは一階のスペースにカウンターをおいて立ち飲み
ワインとサラミが美味しかった。
たしか一昨年もおじゃましたが、そのときよりタパのグレードが上がっていた、年を越えての再訪も楽しいかも。


3軒目は、店の名前も写真もだしません。
普段ブログには気に入らなかったお店は書かないようにしているが、この店はあまりに驚いたので書くことにする。
食材にはこだわっていてバターや生クリームを一切使わないと自慢げで、食べるものもワインも美味しいが、シェフの発言がよろしくない。

まず、シェフがしゃべりすぎで「こんなイベントであくせく働くのはいやなんだよね」とお客さんに言うのだ、そんなんだったら参加しなきゃいいのにと思う。たぶんゆっくりお客さんと会話しながら仕事がしたいということなのだろうけど・・・。
そして、ほぼ満席で他のお客さんが入ってきて2名ですがというので、我々は店を出れる状態だったので、「今出ますよ〜」とそのお客さんに行ったところ、シェフが「他のお客を入れるのは、客の判断じゃなく店のほうでするんだから、余計なことを言わないでくれ、勘弁してくれよ」というようなことを言いやがるのだ!
驚いて目が点になった・・・。
まぁ、もう二度と行かない店を発見できるのもさっぽろタパスの良さなのだろう。


s-R0015789.jpg

4軒目はビストロ マリオ
ここは、素晴らしい!
一つのお皿で、前菜、メイン、デザート(ガトーショコラ)まで楽しめてしまう。
去年も行ったが、かなりレベルアップしていると思う。
そしてシェフは一人一人にお店のはがきを渡してくれて、やる気を感じる。


s-R0015797.jpg

5件目は2日目も行ったふじ川、
店に入ると、我々の4席以外すべて女性、なにがここまで女性をひきつけるのか不思議だ。
前回とはタパの内容が違った気がする、というかそれぞれお客さんによって違うみたい、いいのが当たるかどうかはそのときの運ってやつですかね?
それも面白いし、マスターのキャラが楽しい。
一緒に行ったY氏のツボにかなりはまっていた。

さっぽろタパスは今日までやっているが、私は昨日で終了。
今年も楽しかった!また来年も期待しています。
posted by ぎょ at 11:09| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

さっぽろタパス2008(3)

さっぽろタパス、3日目(毎日行ってます!)はタパスセントロにチケットを取りに行って、そこから約束していたメンバーと合流の予定が電話が通じず、セントロ終了(8:00)までそこで飲んだ後スタッフ達と一緒に外に出ることにした。

s-R0015769.jpg

まず、最初に向かったのが、日本酒BAR 銀の雪
しかし、満席で入れずバル・ブレリアに向かった。
ここは、何種類かのタパを自分で選んでいただくことが出来る。
そして、ギター弾き語りのライブがあった、ボノタパス1枚でライブも聴けちゃうなんてなんてお得なんでしょう。

s-R0015770.jpg

2軒目は、銀の雪に再度挑戦した、ラッキーなことにちょうど席が空いていてリベンジ成功!噂では、今年の台風の目とか美人ママがいるから行くべきだとかそんなことを言われている。
タパス用のお酒も5種類くらいから選べる、辛口の竹鶴をいただく、ちょっと色の付いた美味しいお酒だった。
タパは、秘密のツマミ(これが酒に合う)と漬物と燻製かまぼこ
日本酒好きには楽しいお店だと思う。

s-R0015776.jpg

2軒目を終わったところで、先ほど別れたタパススタッフ達と合流、10人になったので大人数が入れるところで、SUNTORY JIGGER BAR に移動、すんなり入れた。
大人数の場合こちらも選択肢に入れてみてはいかがかな?

posted by ぎょ at 11:59| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

さっぽろタパス2008(2)

2日目の1軒目はタパスセントロからスタート。
前日とはちがって、混雑も無くゆっくりと飲めた。

s-R0015760.jpg

2軒目はモンペール、ここはスモークサーモンと生ハムとチーズから選べてスモークサーモンにした、肉厚で美味しかった。

s-R0015761.jpg

3軒目は、菜 もっきりや
冬瓜の煮込みと、牛筋の煮込みがでてきた、早くも日本酒!

s-R0015766.jpg

4軒目はシャンパンバー プルミエ
前日のヴィラージュと同じ感じのタパだけどチョコがあった。

5軒目はTXOKO(チョコ)、このお店は撮影禁止
だけど記事は禁止じゃないと思うので書きます。
新しいお店のようで、白木のカウンターで清潔感があった。
タパは6種類くらい(もっとあったかも)1品チョイスで
タコの煮込みみたいなものだった、2品チョイスできたらかなりポイント高めだと思う。

6軒目は、ワイン白水
窓が開いていて危険かも(笑)

7軒目は、ふじ川
名前は居酒屋みたいだけど、ちゃんしたとバーで大人気である。
去年は入れなかった。

この時点で記憶があいまいだけど、大合流して8名の団体になって、ここを出てからもう一軒行きお開きになったのでした。



posted by ぎょ at 16:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

さっぽろタパス2008(1)

さっぽろタパス2008が昨日はじまった。
今年もちょっとだけ協賛させていただいた。

s-R0015742.jpg

まずは、タパスセントロで一杯と思っていくと、アコーディオンの演奏もあったからか大混雑、主催者の川口氏も一生懸命生ハムを切っていた。かなり並びそうなので、sagraへ行くことにした。
sagraでは10人以上が並んでいた、さすが人気店!ここもあきらめたが、すでにタパス難民という言葉までできた去年の悪夢がよみがえる。

s-R0015743.jpg

今年の記念すべき第1号はラブラドーラだった、7時半ごろ入店するが
我々を最後に本日のタパスは終了の張り紙が・・・ぎりぎりセーフ
タパはオムレツ、美味しい。


s-R0015744.jpg

2軒目は先日オープンしたばかりの、ヴィラージュ。
オープンエアーになっていて、なかなかよい雰囲気だ。最初はノーゲストだったがいつの間にか満席だった。


s-R0015745.jpg

3軒目はバル エスパーニャ、前の店で合流して6名くらいになったため入れる店がすくなく、外で飲めるバルエスパーニャを選んだ。


s-R0015747.jpg

ここで、二手に分かれて、4軒目のしぇりーBARへ移動、ドライシェリーをいただいた。


s-R0015752.jpg

5軒目はDining Bar OZで、偶然入ったが、ここのタパが一番よかったと思う。小さいお店だが、イタリアンを中心とした料理でなかなかいいお店だ、こういう発見がさっぽろタパスの楽しいところである。


s-R0015757.jpg

最後6軒目は、さらに少人数になり20年ぶりに麦酒停に行った。
店は広くなったけど、非常に懐かしかった!
posted by ぎょ at 17:28| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

もう一つのニッポン

久しぶりの更新、体調が悪かったわけではなく、どこかにバカンスに行ってたわけでもなく、夏休みは1日しか取ってないので、もう少ししたら残りを取ろうかなと思っている。

昨日、札幌ドームにサッカー日本代表vsウルグアイ代表を息子たちと観に行った、席はホーム側のコーナーのすぐ上で、なかなか良い席だった。

s-R0015366.jpg

試合のほうは、1対3で日本の負け・・・。
オリンピックでもサッカーの男子は全敗だし、A代表もこのままの調子ではワールドカップ出場も危ういのではないだろうか?

この日、オリンピックでは女子ソフトボールがオーストラリアとの3位決定戦で見事に勝ち、決勝進出したし、ジャマイカのボルトの200Mの世界新記録19秒30のほうがよっぽど感動した。


posted by ぎょ at 14:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

おさんぽ日和まつり

すずきももさんの最新刊、「おさんぽ日和さっぽろ近郊のほほん旅」が発売になった。
前回の「さっぽろおさんぽ日和」同様たのしいイラストでいろんなお店や、スポットを案内している。
今回は、札幌近郊のニセコ、小樽方面、千歳方面、岩見沢方面の特集だ。
車の中に一冊置いておくと、どこかいいところないかな?って時に最強の助っ人になるでしょう。

s-R0015191.jpg

8月2日(土)の明日、その刊行記念イベントとして、紀伊国屋書店札幌本店で、「おさんぽ日和まつり」が開催されるそうだ。
すずきももさんのサイン会やトークショーがあって、本のなかで実際に紹介されている生産者や作り手などが集まるようなので、みなさん是非行ってみてくださいね。

↓本日の道新に出ていた広告です。

s-R0015190.jpg
posted by ぎょ at 13:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

全日本ママチャリ12時間耐久レース

十勝の更別村にある、十勝インターナショナルスピードウェイで行われた、全日本ママチャリ12時間耐久レースに参加してきた。

s-RIMG0379.jpg

スタート前の自転車のチェックと無線のチェック。
我々のエントリはママチャリのエンジョイクラスというもので9名でバトンタッチしながら12時間かけて走り続けるというもの。
中には、オープンクラスで太ももが筋肉隆々でレース仕様のマシンに籠だけつけたどこかのサイクリング部のチームもちらほら、結局375チームの参加があった。

s-RIMG031.jpg

スタート前、トップバッターのK氏。
普段自転車に乗ってるだけあってなかなかのタイムだった。この後も大活躍のK氏でした。

s-RIMG038.jpg

いよいよ、午後5時にスタート!これから12時間の耐久レースの始まりだ。
いろんな人がいる。まさに自転車レースの人、仮装している人などさまざまだ。

s-RIMG039.jpg

夜も更けてきて、だんだん疲れもピークに、でもみんな走り続けます。

s-RIG0411.jpg

だんだん薄っすらと夜が明けてきた。
このころ、船長が飲んでいた禁止薬物(酒)についつい手を出してしまい、応援団に回ることになった。

s-RIMG041.jpg

ついに夜が明けて、フィニッシュの時間も近づいた。

s-RIG0420.jpg

ゴールの瞬間を見守る、応援団
我々のチームのアンカーは高校生のD君、眠い目をこすりながら良くがんばってくれた!!

結果は、97週の161位で半分より上なので、まずまずの出来ではないだろうか。
posted by ぎょ at 20:42| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

北海道で一番高い温泉

ファームキャンプの最終行程は、北海道で一番高いところにある、十勝岳温泉 湯元 凌雲閣 に行った。

s-R0014982.jpg

この温泉に行く前に、寄ったのが 吹上温泉というところで、北の国からで、宮沢りえが入った野天風呂があるところだ。
ドラマでは、ずいぶんと深い雪の中を歩いてようやくたどり着くというイメージだが、今は道路わきに広い駐車場があって、そこからよく整備された道を50mくらい歩いたところにあった。
道から、風呂が丸見えで、男性はほとんど全裸、女性はタオルを巻いているひとや、水着を着ている人などがいたが、人数が多くてあずましくないので、入るのはやめた。
駐車場に戻ってよく見てみると、キャンピングカーでキャンプしている人や、道外ナンバーの車ばかりですっかり観光スポットである。
一緒に行ったネーチャーガイドのMさんが行っていたが、冬に来たほうがすいてるし、趣があるとの事だ。

なんだか、吹上温泉の話題ばかりになってしまったが、凌雲閣のほうはといえば、茶色に濁った酸性硫酸塩泉と透き通ったカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉2種類の源泉ということらしいが、露天風呂は2槽とも茶色ににごっていた、なんでも前日に大雨が降ってその影響らしい。


s-R0014980.jpg


あいにくの天気だったが、眼下には富良野(上富良野かも?)の町並みが見えた。
晴天の時はすばらしい景色が広がるだろうと思う。

ここのHPの写真でどんなところにあるかわかるでしょう。

posted by ぎょ at 11:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ファームキャンプin鷹栖その3

いよいよ、本当の目的地、鷹栖町のKさんのご実家に到着。

s-R001932.jpg

Kさん家は稲作農家で、自給用の畑が結構があってそのビニールハウスを使わせてもらいその中に虫除けのテントを張って寝床にした。

s-R001930.jpg

ハウスの奥の青色の建物は、Kさんのお父さんが作業する、鉄工所?のようなところで、色んな機械やトラクターが所狭しと並んでいる。

s-R004925.jpg

ハウスの中でのバーベキューは、かなり煙が充満して燻製人間になりそうな感じなので、ブロワー(送風機)をかりて煙を出しながらとなった。
ジンギスカンとホタテやツブやエビなどの海の幸、美味しかった。

-R0014952.jpg

朝食は、前日たずねた、ファーム・レラさんの美味しい卵を使った、キッシュ。
キッシュの中には、その場で取れた、ズッキーニやカリフラワーなど入っていて、初めて作るにしてはまあまあの出来だと思う。
そのほか、合鴨(前日みたものじゃないです)と豚の燻製炭火焼き、卵かけご飯、など朝からおなかパンパン状態だった。

s-R001955.jpg s-R0014956.jpg

出発前に、周辺散策をして、畑や田んぼや明治43年に作られた合掌造りの納屋などを見せてもらい、出発することにした。
Kさんご一家お世話になりました。





posted by ぎょ at 15:05| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

ファームキャンプin鷹栖その2

斎藤牧場の後に、もう一軒寄り道

東川町にあるファーム・レラ

こちらの新田さんは、スローフード・フレンズのメンバーで、去年稚内から東川町に移ってきた方で、養鶏をされてます。
鶏舎の増築も最後の状態になって、忙しいところを案内してもらった。

s-R0014912.jpg

こうして、平飼いしているのを見ると、ごく普通に見えるのだが、実はこのように鶏を飼っているのって日本全体の0.1%くらいにしか満たないとのこと。
一般的なものといえばゲージに入った鶏が餌を与えられ、卵を産み落とすと機械的に集められるという機械化?された鶏だ。
もちろん、そのような卵は夢精卵無精卵だし、ここファーム・レラの卵は雌鶏の5〜10%くらいの数の雄(白いのが雄)を入れるのでほとんどが有精卵だそうだ。

s-R0014907.jpg

また餌は、道産の小麦や米やホタテの殻などをつかって、黄身を黄色くする着色剤や白身を盛り上げる添加物は使っていないとの事。

だから、夏場は野菜を餌として与えられるので、ある程度黄色い色が出るが、冬場は本当に色が白っぽいみたいで、たまにクレームがくるそうだ。

この卵、東川の道の駅で「大雪なたまご」として売ってました。1個50円くらいだけど、この手間と安全度を考えるとその値段も妥当なところだろう。

鶏舎を見せてもらった後は、去年まで研修していた田んぼに連れて行ってもらった。
ここの田んぼでは、合鴨農法で雑草取りをしている。自分たちの田んぼの草取りがあまりにも大変なので、合鴨入れましょうという意見があったので、参考になると思いみせてもらった。

s-0014919.jpg

一口に合鴨を入れるといっても、色んな難しさがあるようだ。
入れてすぐ、逃げられたり、キツネに食べられたり、全く働かなかったり、役目が終わった後の処理の難しさなど、問題がけっこうあるようだ。結局、無農薬で米を作るには、がんばって人間の手で抜くのが一番いいようだ。
posted by ぎょ at 15:13| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

ファームキャンプin鷹栖その1

週末は旭川の隣町、鷹栖町の農家のKさんのお宅にお邪魔しそこでキャンプをした。

目的地に行く前にちょっと寄り道、旭川市神居町にある山地酪農で有名(私は知りませんでしたが)な斎藤牧場にいって牧場の見学。
入り口付近で牛と出会うが牛とあったのはこれっきり。

s-R0014881.jpg

アポ無しでいったため、牧草地を見学させてもらうだけと思っていたが、主の斉藤晶さんが自ら私たちのところをに近寄ってきて話を聞かせてくれた、斉藤さんは、放牧した牛の蹄が自然と草地を耕してくれるという「蹄耕法」を取り入れた方で、全国的にも有名な方だそうです。

s-R0014903.jpg

話しているうちに、ちょっと山の中腹まで行ってみるか?ということになりお供した。

山の中腹で、斉藤さんはゴロリと横になり、タバコを吸いながら、クローバーをさわりながら、こういう牧場にするには、お金なんて掛けなくてもいいし、簡単なことなんだら、何でみんなもっと早く気づかないんだろうというような話をしてくれた。


とっても興味深い話を聞くことができた。

それにしても、我々は息があがっているのに、すいすいと山を登っていく斎藤さんは元気で驚いた!
posted by ぎょ at 14:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

新星あらわる?

田んぼの草刈のあとは、山崎ワイナリーのログハウスをお借りして、美味しい料理とワインを飲む会。というかキャンプのような感じでお泊りで楽しみましょうということで食べて飲んだ。
田んぼ参加以外の人も全道各地から集まり総勢30人ほどの大人数となった。

I氏お得意の薪をつかったロースト。

s-R0014818.jpg

今年はビール鶏と鹿のバラ肉、ビール鶏は半分にした缶ビールを鳥のお腹に差込、それを薪で焼くというもの、ビールの風味が鶏にしみこみ、熱せられたビールが鶏の中に熱を通すという一石二鳥てきな料理。

s-R0014819.jpg

エゾ鹿のばら肉のローストは薪でじっくり焼かれていいつや加減になってます。

どちらの肉も絶品でした。

s-R0014824.jpg

スペイン帰りのK氏が作る道産食材満載のパエリア、米は去年自分たちが作った三笠のおぼろづき、魚貝はその日の朝取れた瀬棚のもの、野菜はこの隣ののみやまファームの物を使った。うまいに決まってる!

そしてワインだが、私は山崎ワイナリーのワインは北海道の中で一番と思っている。特に白ワインのケルナーに関して特別美味しい。
本国のドイツのそれに比べてもまったく遜色ないのではないかとの意見もあるぐらいだ。

しかし、今回、道産の美味しいワインを発見!
ツヴァイ.jpg北海道ワインの「北海道限定ツヴァイゲルト・レーベ」だ。このワインはやや辛口で、タンニンもしっかりしていて、味に深みがある、おそらくいろんな産地の葡萄をブレンドしたものだと思われるが見事な出来だと思う。
同じ、葡萄のワインが山崎ワイナリーにもあるが、残念ながら北海道ワインに軍配を上げざるを得ない。

posted by ぎょ at 10:20| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

石釜完成

先日、作りかけだった石釜を完成させるため、午前中仕事をサボって休んで、作業してきた。

s-R0014784.jpg

レンガの扉も、煙突も付き無事完成です。
Nさんが作ってくれた、扉の出来が非常によい。
こうすれば、釜の中の温度が鉄板の扉よりも一定に保たれると思う。

s-R0014790.jpg

練炭に火入れをして、じわじわとレンガを乾かして、今週末いよいよ始めてのパンを焼く。

s-R0014774.jpg

ところで、Sさんのうちの畑には2年前からアーティチョーク(伊語でカルチョーフィ、日本語で朝鮮アザミ)を作っている。
イタリアやフランスの市場では、山積になって売っているようだが日本ではほとんどお目にかかれない。
実際、生えているのを始めて見た。
食べたのは、何年か前カプリカプリでいただいたが、これの収穫時期がわからない、今、赤ちゃんの頭ぐらいなのだがもう食べれますか?
教えてください釣りキチシェフ(笑)
posted by ぎょ at 11:54| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

石釜つくり

新篠津の大豆の草取りのあとは、いつも田んぼでお世話になっている三笠のSさんの家の敷地を借りて、石釜つくりをした。
春頃に何人か物好き有志があつまり、石釜作ってみよう!という話が立ち上がり、今回本当に実行してしまったのだ。

s-1-R0014722.jpg

Sさんの友人のNさんが器用に完璧にアングルで土台を作ってくれた。
それをU型トラフ(排水溝)の上に乗せ、レベルをとって設置、そこにレンガを並べて、モルタルを塗って、どんどん積んでいった。

s-R0014730.jpg

アーチ部分はコンパネと端材を使った、私が作った支保工でレンガを支えます。
この頃になると、みんな手馴れてきてかなりスムーズに作業が進んでます。
今回使ったレンガは立ち上がりの部分は、一般的なレンガで、アーチの部分はあらかじめ台形にカットされている耐火レンガで、モルタルは耐火モルタルを使った。

s-R0014735.jpg

出来上がりの後姿、このアーチの部分に煙突をさして(後日作業)レンガとモルタルで固めます。

s-R0014736.jpg

正面からの姿、まだモルタルがべたべた着いているけど、なかなかの出来だと思う。
これら、ゆっくりと火を入れてレンガの水分を飛ばし、円筒をつけて、前の扉をセットすれば、美味しいパンやピザが焼ける石釜の完成になるのです。
posted by ぎょ at 13:27| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

OYOYO社長室

まちばるの川口さんといえば、さっぽろタパスの主催者ですが、
先日、4月に川口さんが行ってきた、スペインバル視察の報告会がOYOYO社長室でありました。

OYOYOに関しては、こちらを見ていただくとして。

s-R0014039.jpg

川口さんのバルの話は興味深く、老若男女問わず、街に完全に溶け込んでるものだと言うのがよくわかる。

説明会の後は、社長室でワインをいただいた。
その社長室では、市民出資BARなる計画が持ち上がっている。
将来的にさっぽろ中心部に路面店のバルを開くことを目的として動き出したようだ。

微力ながら応援します!
posted by ぎょ at 07:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

登録は済みましたか?

タパスアミーゴスの登録が始まってますよ。

皆さん、登録して今年もさっぽろタパスに参加しましょう。

登録はこちら
posted by ぎょ at 00:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする