2015年05月07日

2015GW 東大沼キャンプ場

今年のGW前半は道南へ、恒例のストーブキャンプです。
キャンプ場は、東大沼キャンプ場で無料だけど、トイレも水洗だし炊事場もきれいなので人気のキャンプ場のようです。
道路を挟んで向かいの「北川商店&ギャラリー美人妻」のご主人がゴミ回収をボランティアでされてるようです。

サイトは湖畔に面していてロケーションは最高!
ただ、混んでいて駐車場の確保が難しい場合も、椅子を置いて場所取りをするのが流行っているようです・・・。

            s-IMGP0603.jpg
薪ストーブ設置完了です


s-IMGP0612.jpg
晩御飯は卵、鶏肉、ホタテの燻製としいたけ、アスパラ、ソーセージをストーブで焼いたもの。


s-IMGP0609.jpg
ビールに合う!


s-IMGP0620.jpg
夕焼けタイム


s-IMGP0637.jpg
枝と湖面
posted by ぎょ at 17:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

洞爺湖畔でキャンプ

GW後半は仲洞爺キャンプ場でストーブキャンプ

5月4日から2泊で車が入れる第2キャンプ場にテープを張って寝床は車という感じ。
早めに行けば湖畔の一等地(?)にテントが張れるかもしれないが、ちょっと出遅れたので湖畔ではないが比較的入り口の近くのエゾエンンゴサクの咲く場所にタープを張ってストーブを設置した。

第1と第2キャンプ場を分ける大川にかかる橋の上から、湖方面パチリ

sIMGP0224(変換後).jpg

夕暮れの洞爺湖、天気が悪かったGWだけどかろうじて夕焼けがみれてよかった。

sIMGP0226(変換後).jpg

ストーブキャンプの楽しみは料理とお酒(笑)
初日は、牛スジのトマト煮と焼き牡蠣、焼き鳥、ラムヤートでかったレーズンパン。
今回も、ストーブ大活躍でした。

最近、仕入れた自分と同じ年生まれのランタン、50年経ってもまだまだいい状態。
桜の模様のスリガラスのグローブでお花見気分です(笑)

sIMGP0237(変換後).jpg

一夜明けて、日中は山登りへ出かけて、戻ってからキャンプ場に隣接してる来夢人の湯で温まった。
2日目の晩ご飯は、鶏もも肉と卵とチーズの薫製、なすとひき肉のデミソース、山菜のおひたしなど
薫製はかなりよかったので次回も採用です!!

sIMGP0294(変換後).jpg

このあと夜中から雨が降り出し、朝起きたら本降り状態
びしょ濡れのタープを片付け、留寿都温泉で薪臭さを洗い流して、真狩の一ふじでかつ定食を食べて札幌に
帰ったのでした。

改めて、ストーブキャンプはいいなと思ったのでした。


posted by ぎょ at 23:45| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

初冬のストーブキャンプ2012.11.03

先週末は札幌近郊は雨予報、道南方面は少し良さそうなので白老方面へキャンプに行ってきた。
一泊して次の日カムイヌプリでも登ろうかという予定。

我が家のキャンプシーズンは5月いっぱいまでと10月以降かな?
キャンプ場がオープンする時期は混むし、虫多いし、暑くてストーブ焚けないから行く気にならない。
しかし、そうなってくるとオープンしているキャンプ場は限られる。
そこで今回は通年オープンの白老にあるポロト自然休養林国設野営場に行ったのだ。

大人一人400円、テントサイトまでは荷物の設営、撤収時は車ではいっても構わない。
この時期だからガラガラかな?と思ったらトイレに近い平らな場所には10張り以上のテントが・・・。
しかも、夏場のキャンプ場はたいていコールマン団地となっているが、ここはスノーピーク団地だ。

申し訳ないけど、適度な距離感で張られているテントの間に張らせてもらった。

大活躍の安物のタープにストーブをセッティングして、寝床のテントを張り準備完了
あとは料理をしつつお酒を飲んでストーブにあたりのんびりして日本シリーズを聞きながら一喜一憂

01キャンプ01.jpg

今晩のおかずは、適当パエリアとビーフシチュー
パエリアはホワイトガソリンのストーブで作り、ビーフシチューは薪ストーブでずーっと煮込んだ。
煮込んだおかげで、筋張って硬かった牛肉はとっても柔らかくなって美味しくなった。

02sパエリア.jpg 03sビーフシチュー.jpg

夜中から朝にかけて少し小雨が降ったがそれほど冷え込みもなく快適に眠れた。
朝、薪ストーブに再び火を入れ、昨夜のビーフシチューの残りを温めて、網の上でパンを焼いてシチューをつけて食べた。

朝の散歩に出かけることにして、テントのすぐそばに小川があってその周りを散歩。
小川と濡れた落ち葉が輝いて綺麗だった。

04キャンプサイト.jpg

テントに戻るが、朝入れた大きな薪が燃え切らないので再度、散歩に出た。

テントはオプタテにも持っていった山用で4シーズンなのでなかなか暖かい、いままで使っていたスノーピークのテントは先日売ってしまったが、中古だというのに結構いい値段がついてびっくりした。
スノーピークブランド恐るべしです。

今回のテントとタープ
05おテントさん.jpg

キャンプ場から望岳台へむかう遊歩道入口からテントサイトを振りかえってパチリ
高級なリビングシェルが並んでますな〜ストーブの火が怖くてあの中では使えない・・・。

06野営場全景.jpg

紅葉は終わりだけど、まだまだ楽しめる。

07紅葉01.jpg

08紅葉02.jpg

キャンプ場から1.2kmで望岳台に到着、名前の通り樽前山が望める高台になっていた。

09樽前山.jpg

ポロト自然休養林は遊歩道がたくさんあってハイキングにはいいかもしれない。
紅葉の時期もいいけど、春には花がたくさん咲いていそうな感じだった。
そういえばすでに終わっていたけど栗林もあってタイミングが合えばたくさん拾えそうだった。

案内図
10案内図.jpg

帰りは緑化遊歩道というところを通ってみたが紅葉が綺麗な場所が何箇所かあった。

11紅葉03.jpg

最後に道路脇の松林のキノコを撮ってみた、名前は分からないが黄色い消しゴムみたいのもあった。

12sキノコ01.jpg 13sキノコ02.jpg

テントに戻ると、薪もだいたい燃え尽きてテントも乾いたので撤収することにした。

帰りは、先日Tsuyoshiさんから教わった、新登別温泉の旅館四季という宿で日帰り温泉。
地獄谷から引いてるという温泉は熱めで硫黄臭の白濁した湯でとっても良かった。
ゆうじという15歳になる看板犬(?)もいてアットホームな感じで昔が懐かしかった(^o^)

posted by ぎょ at 17:23| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

ストーブキャンプ@羊蹄山自然公園真狩キャンプ場

GWの最後は真狩でキャンプ
天気が悪かったGWの後半は、なるべく近場で山登り無しでキャンプ

前の日の雨と融雪で、中山峠は冠水と土砂崩れで通行止めなので小樽廻りで、倶知安に寄って真狩に向かった。

その前に、ちょっとだけ山菜と温泉
山菜はタラの芽とこごみをゲット!タラの芽はとにかくたくさんあってもう少ししたら最盛期になる感じだった。
その後は、小金湯温泉のまつの湯の朝風呂に入ってのんびりしてから小樽の市場に寄って、倶知安に寄って、寄り道だらけで真狩へ

真狩ではハーブ豚が有名な「一ふじ」でとんかつ定食を食べた。
Mサイズの肉は何グラム?と聞くと300gというので、Sサイズを注文したがそれでもお腹いっぱい(^_^)
ちなみにLサイズは450gだそうです(@_@)
ハーブ豚は旨みがあって、噛みごたえがある美味しい豚でした。

001たらの芽.jpg 002トンかつ.jpg

キャンプ場にスクリーンタープを張り、薪ストーブをセットして早速チキンのトマト煮込みの鍋をかけ小樽で買ってきた一夜干しの宗八カレイを炙っておく。

003ストーブと煮込み.jpg

そして、朝取った山菜を天ぷらにして、ビールと共に楽しんだ。

004天ぷら.jpg 005全景.jpg

ひと通り食べてお腹いっぱいになった後は、ランタンのシューという音を聞きながらワインを飲み、たくさんの薪を燃やして楽しんだ。

006ランタン.jpg 007燃える火.jpg

朝食は、いきなりパエリア(^_^)
前の日に食べる予定だったけど、お腹いっぱいで食べれなかったので朝ごはんにずれ込んだ形になってしまったのだ。

008朝からパエリア.jpg

テントサイトから見える羊蹄山は上のほうが樹氷になっていて綺麗だった。

009樹氷の羊蹄山.jpg

朝ごはんをたくさん食べた後は、ちょっと散歩、羊蹄山の真狩コースの1合目まで歩いてみた。

010さんぽ.jpg 011本日の山頂.jpg

このあいだ羊蹄山に登ってから一週間で登山道の雪が相当溶けていた。
ツボ足だと、所々踏み抜く感じだ。

1合目から戻ってくると、キャンプ場の中にNマドらしき(M下さんは遠くからでもわかるよ)ツアーがテントサイトの中まで車で入ってきてスキーを下ろし、登る準備をしていた。
個人で遊びに来てる訳じゃないんだし「登山者用駐車場」があるのだから、そこらへんのルールは守ったほうがいいと思うけどな〜。

登山をしないので、朝はのんびり片づけができた。
そのあとは、JINのパンを買いに行き、まっかり温泉でお風呂に入って札幌戻ったのでした。

012JIN.jpg 013ドライフルーツのパン.jpg

天気の悪かったGWの後半だったけど、一回だけキャンプできたし、ゆっくりできたんでよかったと思う。

posted by ぎょ at 21:36| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

賀老高原キャンプ場

ゴールデンウィーク以来のキャンプ、賀老高原キャンプ場です。
今年は、車中泊が増えたのでめっきりキャンプの回数が減っている。
山に入る前のテント撤収なんかを考えると、面倒だったり時間がかかったりするので
特にロングな山行前のキャンプは厳しいものがある。

翌日、狩場山の新道ピストンなのでそんなに長時間にもならず、下山後にテントを撤収できるので
乾燥もできるということで、久々のキャンプとなりました。

札幌を昼過ぎに出て、賀老高原キャンプ場に着いたのは17時すぎ。
本州ナンバーのソロの人と車中泊のひとがいるだけだったのが、設営していると続々と人が現れた
皆さん、翌日の狩場山の登る人たちのようだ。


今回は暖かいのでストーブは持ってきてません(笑)
普通のキャンパーのようにスクリーンタープと山用テントです。

炊事場は近いけど、トイレはちょっと遠くの賀老の滝用(?)の駐車場のトイレを使います。
アブが結構いたので、スクリーンタープあって正解。

テントサイト.jpg


スキレットを使って、スペアリブ作成中

スペアリブ.jpg

晩飯は、スペアリブとトマトソースの冷製カッペリーニ、ルッコラとモッツァレラチーズのサラダ、
チリコンカンとバケットです。

晩ご飯.jpg

ひと通り食べて飲んで、満腹になって、速攻寝たのでした〜。

あっ、寝る前のトイレに行ったとき、星がすごく綺麗だった気がする(^_^;)


posted by ぎょ at 12:29| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

祝5周年

知床に1泊2日で行って来ました。

泊まったのは、ウトロの知床野営場

ここの展望台、「夕陽台」からの夕焼けがすばらしい。

夕陽台.jpg

すこし、水平線の雲が多いけど、とっても綺麗でした!!


そうそう、昨日で知床が世界遺産になって5周年だそうです。
この野営場は、知床の動物の講習会なんかもやっていて、施設もとっても綺麗で、さすがに世界遺産は予算の着き方が違うねという感じでした。

posted by ぎょ at 21:26| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

神秘的なチミケップ湖

雌阿寒岳を登り、向ったところはチミケップ湖
神秘的な佇まいの湖にキャンプ場があるというのを聞いて行ってきました。

阿寒湖から津別町方面へ向い、途中チミケップ湖の看板を左折するとまもなく砂利道になり、
森の奥にチミケップ湖が現れます。

この湖、実は知りませんでした。
人工湖かなと思ったら、地殻変動の崖崩れでせき止められてできた珍しい湖のようです。

湖畔にはおしゃれな「チミケップホテル」が唯一あるだけで他に宿泊施設は無いようです。

チミケップ湖.jpg


キャンプ場はホテルからさらに奥に進んだところにありました。

無料の野営場なので、もしかしたらリヤカーは無いかな?と思ったら案の定何もなかった。
薪ストーブはあきらめ、山用テントとスクリーンタープで過ごすことにした。
道路から湖畔までは50mくらい、重たい荷物を手持ちで運び、運良く湖畔の一等地にテント張ることができた。

夕焼け.jpg

評判どおりのなかなかのロケーションです。

鏡のような湖面には、無数のライズがあって、とっても釣りしたかったけれども、
ここは有漁料がかかるようだし、時間もあまりないのでライズをみながら何がいるのか妄想してました。

ヒメマスは阿寒湖とここのチミケップ湖が原産らしいです。
その他にアメマス、サクラマス、ニジマス、ワカサギ、コイ、ウグイなどがいるようです。
ライズの感じからして、小さいのが多いような気配です。
翌朝、テントの近くにウエダーを履いた釣り人(ルアー)が2人来てたけど、虫を追い払うのが忙しいようで、何も釣らないであっという間に帰っていきました。

そして、夜の星もとっても綺麗でした、人工衛星が流れてました(笑)

ファウデトーラスUL.jpg

先日買ったテントもついにデビューです。
トーラス.jpg

ダブルウォールで、フライにインナーがセットされているので、外のフレーム2本を組み立てれば完了。

これは、雨の日の設営にはインナーが濡れなくて便利かも。
難点をいえば、収納サイズがすこし大きいことですかね。
でも、65Lのリュックに余裕で入るのでよしとしましょう。

寝心地は・・・平らな場所に張れば普通にいいです(笑)

晩飯.jpg

晩飯は、スキレッドで焼いたスペアリブとブロッコリー、かぼちゃ、新得の共働学舎のチーズ「さくら」
スペアリブ、うまいっす!

それで、テントの周りの様子を紹介すると続きを読む
posted by ぎょ at 07:00| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

かなやま湖畔キャンプ場

佐幌岳を登ったあとは、南富良野町のかなやま湖畔キャンプ場で一泊です。

テント内.jpg

最初は風が強く大丈夫か心配だったけど、無事に薪ストーブでまったりと酒を飲みました。

朝テントから湖畔.jpg

朝はピーカン!!

朝ご飯1.jpg

まるでコールマンのコマーシャルの様?(笑)

朝ご飯.jpg

ホットサンドもスープも美味しかった。


だけど、写真ではわからないけど

BGMは、ジェットスキーの爆音です!!

このキャンプ場、施設がとっても整っていて、湖畔でのロケーションもバッチリなのに。
朝、ウトウトしていると
いきなり、ジェットスキーのエンジン始動、

ウィ〜〜ン、ウィ〜ン、ウィ〜ン、ウィ〜ン、ヴィ〜〜ン、ウィ〜ンってな感じ
(文字だとうまく表現できない)

時計を見ると、朝の6時

いや〜、テンションがた落ち・・・。

時間と場所を少し考えてほしいもんだ。

それで、悶々としてたので札幌帰ってから南富良野町に苦情のメールをした。

そしたら、なるべく早朝や湖畔でジェットスキーを使用しないように
協力してもらうと言うメールがきた。
かなやま湖は人造湖だから、なんとかという法律で禁止にはできないらしい・・・。

たぶん、もう行かないけど
行こうと思う方は、なるべく湖畔から離れた場所にテントを
はったほうがいいかもしれませんね。
posted by ぎょ at 17:25| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場

週末はアポイ岳でした。
山の事は後日として、キャンプ飯の話。

ギョウザ.jpg

今回は、スキレットを使ってのギョウザです。
もちろん熱源は薪ストーブ
焦げ付かずに、とっても美味しかったです。

しいたけここみうに.jpg

三石の道の駅で購入した、こごみとしいたけ
ウニは密猟じゃないですよ(笑)
まきストーが珍しくて遊びに来てくれた、帯広の方からのおすそ分けです。
様似で買われたとの事です。

バーニャカウダ.jpg

蒸し野菜をバーニャカウダのソースで
ソースは家で作ったものをココットに入れて温めます。
野菜旨い!

ストーブの足.jpg

今回のキャンプ場は芝生が綺麗なサイトで、焚き火が禁止なので
ストーブの熱で焼けないように、茶碗でかさ上げしました。
あいかわらず、暖かくて快適なキャンプでした!

ちなみに、テントは桜の木の下に設置しましたが、来週ぐらいが満開かも知れないですね。


posted by ぎょ at 16:05| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

ストーブ料理

今回のキャンプは仲洞爺に2泊しました。

    薪ストーブ.jpg

今回のキャンプでストーブは、ピザ、ほっけ焼き、釜飯、スープカレーなどその他お湯を沸かしたり、パンを焼いたりと大活躍でした。
ご飯は、ダッチオーブンで天板をはずして直火の強火で炊いた後、徐々に火加減と高さを調整して、最後にに五徳の上に載せて保温しました。
ちょっとのコゲがつき固めだけどおいしいご飯が炊けました。


カレーの壺.jpg

スープカレーは、アンの店で買ったカレーの壺を使ってみました。
具材は道の駅で買った山菜とソーセージでした。

朝のキャンプ場.jpg

2泊目の朝、テントからは朝もやの幻想的な林がみえました。
仲洞爺キャンプ場、なかなか良かったです。
たぶんこの時期だからでしょうね。



posted by ぎょ at 08:23| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ストーブキャンプ

今年のキャンプはGWに始まりです。
寒いからまだまだ人がいないかな?と思ったら大間違い。
洞爺湖畔はすごいキャンパーの数です。

今回のベースキャンプは仲洞爺キャンプ場

夕日.jpg

夕日が最高に綺麗なキャンプ場です。
なにより、この時期はまだ虫がいないのと、寒いのでトイレ(もちろん水洗)が臭くないのがいいですね。

キャンプストーブ.jpg

ストーブキャンプセッティング完了です。
やっぱり、キャンプにストーブは最高にいいです。
まず、みんな振り返って見てくれます。
そして、暖房としては最高に暖かいし、煙がもろに体にかからない、そして料理も出来ます。

煙突.jpg

煙突から出る煙をぼんやり眺めているだけでもなんだか落ち着きます。

ソーセージピザ.jpg

現地で、粉をこねてストーブの熱で発酵させて、ダッチオーブンでピザを焼きました。
少しこげましたがなかなか美味しいピザが焼けましたよ。

この時期のストーブキャンプ最高です!!。
posted by ぎょ at 20:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

おしゃれなキャンプ場、ニセコサヒナ

ニセコ登山の前日キャンプは、ニセコサヒナというキャンプ場。
民間の経営でとってもとってもおしゃれなキャンプ場です。


sahina.jpg

キャンプ場からは、ニセコアンヌプリ、羊蹄山、昆布岳などが見えるというか、この山々に囲まれている感じだ。
翌日は、登山で早め撤収なのでカーサイトを利用。
でも、出遅れた・・・(苦笑)

サヒナアンドマルベリー.jpg

おしゃれなセンターハウス入り口
センターハウスは、ほかのキャンプ場では炊事場になるのだがここでは、薪ストーブが置いてあって、洗い場やテーブルセットあり、ここで調理してもいいようだ。

センターハウス薪ストーブ.jpg

立派な薪ストーブ、この上に鍋を載せて煮込み料理をしている人もいた。
寒いときは、ここで暖まりながらお酒をのんでもいいし、読書している人なんかもいましたね。

センターハウス内テーブル席.jpg

こちらがテーブル席、6人掛が2つに4人掛が1セット

パエリア.jpg

晩ご飯は、スキレッドでパエリア
ちょっとご飯がやわらかかったけど、まずまずの出来栄え

焚き火.jpg

なんといってもここのキャンプ場の良いところは、各サイトに焚き火の炉が設置されている。
薪は、ネコ車すりきり1杯で800円で売ってもらえる。

Sさん、業務連絡です。

帰りがけに、聞いておきました
11月2日はバンガロー空いてますよ、そしてバンガローでも焚き火が出来ます。
焚き火大王の登場となるのか?(笑)
posted by ぎょ at 09:55| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ニセコ野営場

羊蹄山を登った次の日は、先週雨で断念していたニセコ連峰のプチ縦走をするつもりで、五色温泉にあるニセコ野営場でキャンプすることにした。

でも、キャンプ場についた時点で、羊蹄山の疲れと筋肉痛で次の日に登れる自信はなかったけど、このまま札幌に帰る気力も無い

ニセコ野営場.JPG

イワオヌプリに向ってかんぱーい!

ここは、キャンプ場横にはアンヌプリの登山口、道路を挟んで向かいにはイワオヌプリの登山口もあるし、徒歩で五色温泉に行けるし、登山のベースキャンプ的に使うにはとっても便利なのだ。

標高も800mくらいなので真夏の猛暑の時期には快適にキャンプできるだろう。

塩を忘れて塩抜きの醤油味和風パスタを食べながら次の日の山行を考えていたのだが、夜9時過ぎくらいから雨が降り出した・・・・。

結局、朝まで降りっぱなしで山もガスがかかってきたので、登山中止でやむなく撤収して札幌に戻りました。

これで、2週連続ニセコ連峰にふられました〜今年の夏は縁が無かったんでしょう。
紅葉の時期にでも再チャレンジしてみよう

それにしても、今週末は晴れるといいな

posted by ぎょ at 09:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

国設白金野営場

先週末はあいにくの天気でしたね
いろんな計画を立てていた方々は、残念な週末になったと思います。

そういう自分も連休の前半は残念な結果となったのでした。

土曜日、今にも雨の降りそうな札幌を出て向った先は、美瑛町の「国設白金野営場」

道中、結構な降りになったが現地に着くと雨が止みなんとかテント設営完了。

美瑛富士と美瑛岳

白金温泉を散策していると、白金橋(若い頃、関わった橋)からブルーの美瑛川を眺めていると、正面に美瑛富士と美瑛岳が一瞬見えた。

明日、晴れれば登りたいと思うけど完全な雨予報なのでそれは無いだろう。

土砂降りキャンプ

「ほしの灯家」というペンションで日帰り温泉(500円)に入り、これから始まる冷え冷えキャンプに備えた。

お風呂から戻ると朝まで濃霧でずーっと雨
テントの中で聞く雨の音は少しの時間だったらいいが一晩中だとちょっと厳しい。
雨でも結構キャンパーはいますよ!
テントの性能が良くなったのも一因なんだろうな〜。

基本はキャンプ→登山なので次の日は、どこか登れそうなところめざしてウロウロするのかそれともただの観光客になるのか天気とテントの状況と気力次第です。





posted by ぎょ at 18:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

アポイ山麓ファミリーキャンプ場

結局今週いっぱいアポイ岳で終わってしまいそうです。

トムラウシ山では大変な遭難事故が発生しましたね、それを教訓に無理せず楽しい山登りを続けたいと思います。

アポイ岳周辺地図.jpg

今回登った山周辺の地図。

登山口と書かれているところにアポイ山麓ファミリーパークキャンプ場があります。
その他に、アポイ岳の資料が展示されているビジターセンターや宿泊やお風呂に入れるアポ山荘、パークゴルフやゴーカートなども出来るようだ。

フリーサイト.jpg

芝生の貼られたフリーサイトとバンガローがあって炊事場もトイレも充実している。
当日は全部で10張りくらいのテントがあったが、広いのでゆったりだ。
また木製のテーブルベンチもあるのでテントとあわせて使うとなかなか豪邸っぽくなる(笑)

記念のタグ.jpg

2〜3人用のランドブリーズ3LXというテントだが、前回学習したので一人でかんたんに設置できた。
そのあと、アポイ山荘でお風呂に入り、ビールを飲んでいると雨が振ったりやんだり、夕方6時を過ぎると係りの人が利用料600円(一人)を徴収に来てくれて写真のタグを置いていってくれる。

前室オープン.jpg

このテントは前室付きで、屋根状になるので雨が降っても快適に過ごせる。

前室クローズ.jpg

また全部閉めても、椅子とテーブルはすっぽり納まってしまう
天井は低いが一人だと申し分ないくらいに快適だ。

晩御飯.jpg

晩御飯
いろいろ野菜のトマトソーススパゲッティーなんだけど、パルミジャーノチーズも削ってもって行ったし、見た目もいいかもしれないけど、麺細いんです

家にあった麺を持ってきたんだけど、カッペリーニ(細いやつ)だったのだ・・・ショック

でも、まぁまぁ美味しかったので許す

それで、テントに溜まる雨水を流したり、はっきり入らないラジオを聴いていたりしたら眠たくなって9時半ころ就寝

4時には起きて、朝ご飯を食べテントを張ったまま山に登って、かえって来た頃には天気も良くなってテントがすっかり乾燥されていたのでそのまま撤収して札幌に帰りました。

なかなか快適なソロキャンプでした。




posted by ぎょ at 11:29| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

初山別村みさき台公園キャンプ場(キャンプ1)

雨竜沼湿原から向かった先は、なんと初山別村!
遠いけど、思ったより近かった(どっちなんだ)

バイク乗りの人たちのキャンパーに混ぜてもらって、自分のキャンプ装備のチェックをしようと思ったのだ。

海がきれいだな〜

物凄い数のハーレーが集合してました。
これ、ミーティングって言うらしいけど、うちの会社でミーティングといえば工程会議だけどそれとはちと違うようです。

利尻島.jpg

いや〜、夕日がきれいでね
最高だなと眺めていると、なにやら雲の上に突起物が・・・
天売島か?と思って聞いてみたら、利尻島だと言うではないですか

利尻富士.jpg

そしてズームイン、あのとんがった山は日本百名山の一つ、利尻富士じゃないですか〜、あぁ登りたい!!
いつかは登ろうと決めたのでした。

そして、日が暮れて晩御飯となりました。
キャンプの定番の焼肉なので、なにか野菜を取ったほうがいいと思い
ダッチオーブン(いつの間にか購入)で「キャベツの丸ごと煮」を作ってみた。

キャベツの丸ごと煮.jpg

先日、燃焼実験したツーバーナーでベーコンをいためて、そこに水をいれ、芯を抜いたキャベツをドボン!
弱火で40分くらい煮込んでコンソメと塩コショウで味付けして出来上がり〜。
これ、結構おいしかったですね、お子様にも人気でよかった。

朝からパスタ.jpg

そして、朝はあいにくの小雨だけど
残った魚介や野菜があったので、トマトソースのパスタを作った。

いろいろ、課題が見つかっていい経験になったキャンプでした。

さて、次はどこに登ってどこでキャンプか?(いきなり、そのパターンか・・・)

ところでこの初山別みさき台公園キャンプ場は、今の時期は無料です。
道の駅になっていることからトイレはきれいだし、朝も入れる温泉もあるし、天文台もあるので結構楽しめると思います。

ただ、天気が悪かったり風が強いとかなり厳しい場所ですね。
posted by ぎょ at 11:23| | Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

燃焼試験

20年くらい前に買った、コールマンのツーバーナー
ホワイトガソリンを使用するタイプ
物置に眠っていたのを引っ張り出してきた

Model 425F

かなりホコリかぶって汚いけど
実際にバーナーとしてあまり使っていないのできれいにしたらまだまだ大丈夫そう・・・

燃焼実験

夜、ベランダで燃焼実験
10年以上前に入れた燃料もそのままだし、ジェネレーターが詰まることがあるらしいけど、完璧なまでの青い炎がでた

これ背負って山頂クッキングはつらいよな〜
さてどうしましょ
posted by ぎょ at 10:13| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする